存在の固形と融解の対比

溶けて消えてしまう氷の中に固定されるTi-6Al-4V
CA340070.jpg


陽極酸化処理の蒼と透明感のある氷でキレイでした
スポンサーサイト
16 : 16 : 54 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<02'Triumph DAYTONA 955i Ti-6Al-4Vフロントアクスルシャフト装着レポート | ホーム | KAWASAKI車用 Type1 Ti-6Al-4Vフロントアクスルシャフト>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://btitanium.blog100.fc2.com/tb.php/89-a381576a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: