スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

チタンボルトの焼き付きについて

チタンボルトの焼き付き性について考えてみました。

まず、前提条件が出てきます。

1、材質が明確であるか?
  他の材質と比べるなら、最低限引張強度と硬度ぐらいは
  比較の参考として控えておいてください。
  硬度の低い材質ほど焼き付きやすく硬度の高い材質ほど焼き付きにくいものです。
  また、切削ネジに比べ、転造ネジは組織が微細になり表面硬度が上がります。

2、ネジの規格に準ずるものであるか?
  国内のオートバイ・自動車などの機械部品の99%はJIS2級もしくはISO規格6gの
  ボルトが使用されています。
  規格の違うものでは焼き付きが起こる場合があります。

3、キズ・バリなどが無いか?
  キズやバリがあると規格のネジゲージは通りません。

いわゆる上記の条件をクリアしても焼き付く場合に表面処理を必要とします。

弊社製品で焼き付きのトラブルに関する報告は受けていませんが
ただ、単に焼き付きの事で聞かれたらこのような回答になります。
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

22 : 25 : 10 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。