スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ネジの管理

5月13日に筑波サーキットのほうへ全日本のロードレースを観戦に行った帰りに
KⅡPROJECTさんのほうに遊びに行ってきました。

お客様ともお話させていただき、楽しい時間を過ごさせていただき
また、夜にはおそばをご馳走になり、ありがとうございました。

そこの中で弊社製品をお客様に勧める上で
「スムーズに組み込めて、しっかり締まるから整備していて気持ちがいい」
「その上、綺麗なので達成感が違う」
いわゆる整備する側の立場での見解ですが
そこのところで「なんだ!このボルト!」となると
お客様に勧めていただく事も出来ないし
買っていただく事も出来なくなります。

このような評価は、日々の製造から検品・出荷に至るまでの社員の努力であり、
日々の努力が報われた時でもありました。

いわゆるボルトというものは、頭部に細工を施し凝った製品になっていても
結局、その機能を果たす事が出来なければ意味の無いものになります。

一人のお客様の立場になって考えれば、ネジの精度だけは
ヨシムラ・ジャパン様のレース車両でも一人のお客様の1本の製品でも
同じ品質・精度の製品を作らなければならないと考えています。

何やら固い事を書いていますが、
工業関連のボルトでは当たり前の事でネジの精度が公差に入っていなければ
NG品で返品となります。

では、ネジの管理はどうしてるのかといいますとネジゲージで管理を行います。

IMAG0105.jpg

ほんの1部ではありますが、これで1本・1本手作業で確認し在庫となります。
正確にどのくらいの数があるのか把握できていませんが
それぞれのネジに合わせておおよそ100種類以上はあるんじゃないでしょうか?

拘りを持ったお客様に選んで買っていただく為にも、どうしてもここだけは譲れない部分です。




スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

18 : 40 : 05 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。