スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

tipc06シリーズ

こんばんは、製造のショウジです。

今日は僕のお気に入りの64チタンボルトの紹介をしたいと思います。

それは・・・・・・


これ。


tipc_20120302185017.jpg


tipc06シリーズ「ナベボルトの6ミリ」

用途は色々ありますが、僕の場合はここに使ってます。

tipc 002


どこっていうと・・・・・

ここ。

tipc 001

リヤフェンダーをとめてるボルトです。

オフを走っていると当然泥や砂埃で外装も汚れていくんですが、(もちろん、ボルトもね。)

チタンボルトは酸化被膜のおかげで比較的に汚れがつきにくく、またサッと洗ってあげるだけで輝いてくれます。

もちろん、錆びる事もありませんしね。

実際ロードバイクではお客様のスクリーンカウルボルトに5ミリのナベボルトが使われてたりします。


さらにこのナベボルトは、6ミリシリーズのなかでも数少ない鍛造材を使った仕様になってます。
(注意。低頭ナベボルトは丸材からの加工になります。)

実は3年程前に6ミリシリーズは材料のコスト、加工時間、等の諸問題により鍛造材から丸材に変更になりました。

しかし、6ミリのナベボルトは鍛造材仕様で残りました。

なぜか?

それはお客様からの要望が多かったからなんです。

デザイン的なこともありますが、内六角が5ミリ六角のため工具の掛かりがいいこともあったみたいですね。

実際6ミリのナベボルトで内六角が5ミリならば普通は首裏の強度は保てません。

逆に言うと鍛造材であるからこそ強度が保てるのです。


最近では自転車のお客さまが使ってくれたりしています。


で、僕の場合はオフロードの外装用ですが、みなさんならどこに使ってみたいですか?

一本のボルトにもちょっとしたがドラマがあるのです・・・・・・・

以上、製造のショウジでした。
















スポンサーサイト
19 : 59 : 20 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。