デモ車をつくろう ~その3.5~ デモ車関係ないかも?

さてさて、久々にデモ車話。

しかし3.5。

本来ならば4じゃねーの?


今日は直接的には関係ない。関係なくは無いんだが、別にデモ車がメインの話ではない。
更に言ってしまえば何の話かも言えない。言えないけど書きたい、つかメモりたい。

気持ちをメモする為に書いてみる。




TAB6400が好き。

これは螺旋にしたときの特性。更には加工方法から得られる性能。
色んな角度から見ても螺旋屋としてこの金属は非常に非常にいい素材。
螺旋屋としては。

ベータチタニウムとしては。
チタン加工メーカーとしては。
ほかにも色々触ってみたい材質もあって。
ほかにも色々造ってみたい分野があって。
チタン屋で旋盤屋で螺旋屋では限界があって。
いままで心の奥底にずーっとあったある種"夢"の話。
他社から依頼されたことも一度や二度じゃ効かないくらい。
けど加工方法や、設計能力の無さからまったく進まなかった案件が。

ころころころころと転がりだしたんですよ。

で、このタイミングでGoose350をデモ車として進めだしたタイミングで。
それは思い描いていたものを実験するには絶好のタイミングで。
実現までの障害がハッキリとわかり。
道のりが明るく照らされてきた。


あー難しいなぁ

と、ニヤリとしながら思う。



待ってろよー!

と誰に言うでもなく叫んでみる。
スポンサーサイト
09 : 32 : 18 | Technology&Material | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: