スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ネジの加工

今日はネジの作り方についてです。

ネジの製造で手軽に行えるのが切削ネジと呼ばれていて
NC旋盤を用いて刃物で削っていきます。
そのプログラムの組み方にも3種類ほどあります。

片刃と言われるのもで片方の刃だけで角度をつけて削り込んでいくもの。
また、千鳥と呼ばれていて交互の側面を削っていくもの
また、まっすぐ切り込んでいくものがあって
ネジの形状やピッチやリード角によって使い分けます。

ここのところは人それぞれの好みや経験もあって
これが最適というものはありませんし、あえて無理にこれでということも言いませんが
難しいネジの依頼があった場合にはある程度の条件だけは伝えておきます。

その他、切削ネジにはNCだけでなく様々な加工方法があり
選択肢が多い加工方法です。

次に転造と呼ばれる加工方法で大きく4種類ほどの転造機があります。
大量生産向けには、平ダイスと呼ばれているもので
一気に数本を並べて一気に転造加工をします。
ほとんどがオートメーション化されていて、自動で行うようになっています。

その他、3ダイスと呼ばれていて3つの丸ダイスで転造加工を行い
主にパイプの転造に使われます。

最近では転造のNC機が出てきており、一つの丸いダイスの表面に
3つの違うピッチのダイスを取り付けNC制御で3か所違うネジを転造する事が出来ます。
しかし、多品種・少量ともなると段取りに手間取ることとなりますし
いろんなコストの事を考えるとなかなか導入しにくい機械でもあります。
多分、供給機をつけて量産向きなんでしょうね。

最後に弊社にある転造盤です。
二つの丸ダイスの間にネジ下径に加工されたものを手で入れて
フットスイッチを踏んで回転させながらネジをもみあげていきます。

ほんと、手作業です。

この機械のメリットは
M3×0.5~M24×3.0まで転造加工が可能ということ
また、段取り変えが他の機械に比べ楽に出来ることから
多品種・小ロットに向いていますし
供給機を取り付けることによって量産機にも変身します。

しかし、何よりも大きな転造のメリットは・・・・・・・・・
ネジ下径の公差範囲内であれば研磨された転造ダイスの形を転写するだけですので
非常にネジの品質が安定しています。


↓ は、初めての動画となっています。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

23 : 40 : 45 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。