0.5ミリ追加工

こんばんは。製造の庄司です。

先日のバイクセブン伊丹店さんのイベントに来られたお客様から「リヤのローターボルトがキャリパーの

ステーに擦れるので、この際64チタンのローターボルトに交換しようと思うんだけど、

そのままの厚みだとやっぱり干渉しそうなんで、薄くできる?」と。

「出来ますよ。でも、どれ位追い込むかは実際に測ってみないとわかんないですね。」

お客様、「うち、きみんとこの会社に近いから今度バイクもっていくわ。」

「了解です!」

てなわけで・・・・

お客様御来社です。

バイクはこれでした。

ZZR1100 003


ZZR1100 005

で、ローターボルトを見てみると

ZZR1100 002


なるほど、擦れる程度ですが干渉してますね。

で、計測結果当社のローターボルトなら0.5ミリ薄く(3ミリから2.5ミリ)追い込んであげれば大丈夫なので追加工する。

ZZR1100 006

(手前が追加工をしたローターボルト。わかるかな?)

単に頭頂部を削るのではなく、従来品と同じような見た目になるように心がけてます。

ZZR1100 007

(6本加工したところ。)

で、今回はこれに陽極酸化をしてお客様のもとに行く予定。

お客様、しばし、」お待ちを~。


以上製造の庄司でした。

スポンサーサイト
13 : 35 : 33 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: