スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

時代の進歩と変わらない悩み

なんだ、今週だれも風呂具更新してないじゃないか。
やっぱり年末進行で製造は結構カツカツなんだな、と人事のようにのたまってみる。マツヤマです。

いやー

ようやくPCが帰ってきました。

つかHDD交換でってことは別に預ける必要なかったじゃないかと後悔。
まぁメモリも怪しい動きをしてたんで一気に交換できたんで良しとしましょう。


で、

今日メモリを交換するときにちょっとびっくりしたんですがコレ
ven_001_000.jpg

この上の黒いのって何かわかります?

これね、放熱板らしいですよ。

一枚で4Gとかになってくるとやっぱり熱量がすごいらしくて、こういった放熱板(固めの樹脂だったっぽい)がついてるんですね。確かに一昔前のPCってメモリが128Mbとかだったのにコレなんか一枚で4Gb。そこから比較しても容量は32倍なんですよね。今のcore iシリーズで大きいのになると8Gが8枚指しとかも出来るそうですし・・・

これ見てとりあえず『空冷エンジンみたいやなぁ』と思ったのですが、結局デジタルの進化というものはアナログな事を無視は出来ないんだなぁと再認識したんですよね。

オートバイや車も昔に比べて同じサイズで性能(馬力等)は大幅に向上していますが、その分制御はシビアになってるんですよね(製法も含めて)。力が上がれば単純に熱量があがったり、材質に負担がかかったり・・・
だからこそ新旧いろんな技術や考え方が必要となるんだなぁと思いました。


なによりバイクも車もPCも。速く動かすかはともかく。

速く動くだけのスペックがあると快適ですな。



そんな開発日記記念すべき600回目の記事でした。
スポンサーサイト
22 : 22 : 41 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。