チャリンコ日記

今日は実際にチタン合金に交換した場所の紹介です。



○ 当然の事ですが・・・・・在庫品で賄えるボルト。


○ シートピラー部の段付きボルト・・・M7×1.0?

○ パッドピン(M4のネジが付いています)

○ ブリーダーニップル(M6です。)

○ バンジョーボルト(M6です。)

○ ペダル軸(インチサイズです。)

○ ハンドル(Ti-3Al-2.5Vのパイプです。)


やはり良かった箇所は、ブレーキ周りとハンドル周りのボルトですね。

ブレーキ周りに関しては、コントロールしやすくなります。

キャリパーサポート固定ボルト、キャリパーサポートボルト、パッドピン、ブリーダー、バンジョーボルトを

交換しています。

恐らく・・・・・・本体の値段を超える可能性があります。


「こりゃ失敗だ!」ってところはハンドルです。

アルミと同じ寸法で製作しましたが、固くて固くて・・・・・・

外径を削って肉厚を落とすと、ビヨォーンって感じで振動が止まらなくなります。


チタン合金らしいと言えばチタン合金らしいのですが

自分自身の固さの許容範囲を超えた固さです。



確か材料がまだ残ってたような?

Ti-3Al-2.5V(チタン合金)ハンドルに打ち勝つ怪力の方、

ご希望であれば販売いたします。




スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

23 : 44 : 34 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: