Ti-GripNut新発売

従来からご希望の多かったロックナットと呼ばれる周止機構のついたTi-6Al-4V製のナット。
しかしなが従来流通していた他社販売のロックナットと同じ機構では以下の問題点があり実現出来ませんでした。

まず、金属板を圧入した一般的なロックナットと呼ばれる製品。
周止機構は最も強く、古くから採用例の多いロックナットですが、
金属板を使用することによりボルト側のネジ底を荒らしてしまい、
転造加工で造ってカジリや焼き付き耐性の高いベータチタニウム製
Ti-6Al-4Vボルトといえども不具合を誘発する恐れが高く、採用を見送っていました。

また、もう一つ従来流通品であるジュラコン封入タイプなのですが、
これはネジに対しての攻撃性はほとんど無く、理想的な周止機構ではあるのですが、
着脱を繰り返すうちにロック機構が次第に損なわれていきます。
そしてジュラコンは圧入ということで一度弱くなったロック機構は
復元することがなく、通常のナットの効果しか得られないという弱点がありました。
ベータチタニウム製Ti-6Al-4Vナットは価格的に使い捨てを前提に作るわけにはいかず、
極力長い期間御使用頂ける事を目的としているため採用には至りませんでした。


そこでボルトに対する攻撃性が少なく
ロック機構の再現性が高いロックナットの開発の結果。
下記製品をリリースすることとなりました。







Ti-GripNut.jpg

ベータチタニウム製周止機構付きナット GripNutを販売開始します。


ロック機構としてOリングを使用する新工法『Oリングプレッシャー』
を採用したベータチタニウム製ロックナットです。




Oリングによってボルト側のネジ山に圧力をかけ周り止めを実現させ、使用によってロック機構が低下すればOリングのみを交換することでロック機構の再現性を両立させることが出来ました。

また、Oリングは耐熱耐候の製品を使用しています

常時耐熱温度範囲-25~100℃(MAX120℃)


使い捨てにされたり
ボルトを傷つけたりするネジを造りたくなかった
ボルトメーカーとしてのベータチタニウム意地の逸品。

是非お試し下さいませ。




販売はベータチタニウムウェブショップ 
ナットカテゴリ内 グリップナット
でどうぞ。














そして!!

このTi-GripNutの販売を記念して、
スペシャルコラボ製品を用意しますっ!!!



今週末発表なので少々お待ちくださいませ!!!







以上、水曜日の男マツヤマでした☆
スポンサーサイト
23 : 55 : 56 | Information | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: