試作構想

この記事を書いてからはや数カ月。


色々な素材を色々な形状にして実験をしているのですが、
微妙に納得が出来ない事があるんですよね。
基本的にベータチタニウム名義で販売する製品は、
出来る限りネガティブな要素を排除したいんですよ。

速くしようとか、よく効くようにしようとか、強くしようとかという方向性では無く。

乗り易く、扱い易く、走り易く。



Ti-6Al-4Vは良い金属です。

アクスルやボルトとしてはこれ以上は中々難しいと思うんですよ。


ただ、それは決して万能では無く


適材適所という単語が頭に浮かんできます。





うん、


これじゃ何のことだかさっぱりですね(笑)




また進展したら少しずつ書いていこうと思います。
スポンサーサイト
14 : 56 : 50 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: