2009年を振り返って。

もうすぐ2009年を振り返ってという事で、
いろいろと思い出しながらキーボードを叩いていこうと思います。



色んな意味で忘れられそうにない一年でした。




一番印象に残っているのはやっぱり鈴鹿8耐。

09SUZUKA1018.jpg


YOSHIMURA-TRICK☆STARの1-2フィニッシュですね。


今年の8耐でサポートした2チームが表彰台上位独占って、サポートさせてもらってる身としては両チームにこれ以上無い結果を出していただけたと感謝しました。そしてまたその場に居ることの出来た自分が幸せだったと思います。
それってただ単にサポートチームが活躍してくれたという事だけではなく、焼き付き、かじり、そして折れると世間一般で浸透している『チタンボルトのネガティブイメージの払拭』という事については鈴鹿8耐というレースでの結果は非常に大きいのです。
そして、勝てるチームが選んでくれたという誇りは、一介の螺旋屋であるベータチタニウムにとってはこれ以上無いモチベーションの向上になりました。





その他に今年のレースで印象に残っていたのは第一戦の鈴鹿。

_4194820.jpg


いつもお世話になっているアサカワスピードさんが波多野祐樹選手と組んで出場すると聞いて、お手伝いさせてもらいました。突貫のマシン造りでしたが、その中で出来ることや新たな試みをふんだんにさせてもらいマツヤマ自身良い経験をさせていただいたなぁと思います。






そして2009年といえば四輪用部品の本格開始。

83z83C838B83i83b83g09955C.jpg



2008年にモニター開始してから特許取得の為の実験実験でなかなか思うように進まなかったのですが、今年9月にようやく特許申請も終わり晴れて販売開始でした。年始からも新形状ラインナップも増やしていこうと思いますのでまだまだ忙しいですが、わかりやすく感じやすいベータチタニウムの製品として続けていこうと思います。





また振り返って今年何をやったかなと考えるとベータチタニウムのウェブの刷新や、オンラインショップの刷新等々なんだかんだとWebに特化した年でしたね。慣れない分野ですが少しずつでもTi-6Al-4Vや螺子の事をご理解いただけれるようにこれからもがんばって更新します。



っで、更新と言えばこのブログ(汗)



まぁほったらかすことほったらかすことで非難轟々でございましたが、恐らく来年もこんな感じでのんびり行こうと思っております。

営業のタニグチや製造のショウジ、そして代表の木内も更新してくれると信じてっ!!



そしてそろそろニューカマーもご紹介しようかと思っておりますのでお楽しみに。






うん、

たまにはこんな日記も書いていて楽しいですね~
最近は真面目な感じか告知しか書いてなかったので(笑)

そいえばこの開発日記書き始めたときはこんなテンションだったなぁと思い出しました。




と、そんな昔の事を考えながら2009年最後の日記も締めさせていただこうと思います。




最後になりましたが、あまり更新をしないこの日記を見捨てずに見ていただきありがとうございます。


また来年も『べーたちたにうむかいはつにっき』をよろしくお願いいたします。


それでは良いお年を~☆





株式会社ベータチタニウム
 技術開発   松山 哲明
スポンサーサイト
12 : 00 : 49 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: