スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日々、考えること…2

タニグチです。

以前書かせていただいた『日々、考えること…』の続きを書かせていただこうと思います。

前回の記事でさわりは書いたのですが、
結果としてご提案させていただくのは『ワンオフ品を数を集めてコストを落とそう』ということです。

弊社製品は基本的に機械加工製品ですので、コスト計算は純粋な加工時間と準備時間に材料費を足したものが基本となります。通常のラインナップ製品(TITC、TIHC等)を作成する場合はここでいう準備時間が製品一つあたりで考えると製造本数が多いために殆どかからないのですが、ワンオフ品というものは準備時間が大幅にかかる上に割る絶対数が少ないために最終価格がラインナップ製品に対して大幅に上がってしまいます。
逆にアクスルシャフトのような製品は準備時間もさることながら、圧倒的な加工時間と材料でコストが下がりきらないのですが、M8程度のサイズの製品の場合、加工時間というものはシャフト等に比べれば少ないので準備時間を本数で割れれば価格はある程度抑えることが可能です。

そういった背景から、弊社にご注文いただく際にお知り合い方々で代表者を決めていただき、ラインナップ製品から大きく外れる製品をご注文いただく事があります。

下にあるのが一例です。

P5265766.jpg

ナンバープレート用にということでご注文いただきましたM6-大径ドリルドボルトになります。
通常のラインナップ製品からは大きく形状が違う為に材料から設計した製品です。







P5265768.jpg

最終的には陽極酸化処理をご指示いただきました。


今回はSNSのmixiのベータチタニウムのコミュニティで集まってのご注文。
こういったコミュニティを作成していただいて非常にありがたく思います。



しかし本当にこういった交流というのはインターネットの発達した現代だからこそだなぁと感じます。


※ご注文の際は弊社側としましては個人様からのご注文としてしかご対応出来ません。
  発送後の二次ユーザー様に関しましては製品の寸法や不具合等のご対応しかねる
  場合がございますのでご了承くださいませ。
スポンサーサイト
18 : 02 : 48 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。