スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

規格と基準の大きな違い。

TAB6400=Ti-6Al-4V
Ti-6Al-4V≠TAB6400

ベータチタニウムでは創立以来Ti-6Al-4Vチタン合金を使用して様々な製品を作成しております。
航空機分野や宇宙開発事業等の最先端分野でチタンは目覚しい活躍をしており他の様々な特機分野においてTi-6Al-4V はその汎用性とバランスの取れた特性で最も多く使われていると言われています。


しかし、ご存知でしょうか?


こういった最先端分野でのチタン、その中のTi-6Al-4Vというのは実は一握りのものだということを。

チタンを鉱物から材料にする過程で『スポンジチタン』という形状を経るのですが、このスポンジチタンには厳正な基準があるのです。その基準となるのは、鉱石からスポンジチタンに精製する際にどれだけ精度を上げる事が出来るかということなのですが、ここで最上級の精製規格をクリアしたスポンジチタンのみが『プレミアムチタン』と呼ばれ航空分野、宇宙開発分野に使用されているのです。

このプレミアムチタンの90%以上は日本で精製されていると言われていますが、プレミアムチタンの大きな特徴は『酸素含有量』と『不純物非配合量』で、最も単純でありながら精製において手間のかかるチタンにとって骨幹となる要素でもあります。

チタンにとって酸素含有量が多くなると材質としての『撓り(しなり)』が低下し、不純物含有が多いと結合力の低下を招き破断や座屈を招く原因となります。

そしてプレミアムチタンという基準をクリアした素材から造られた規格品Ti-6Al-4V を『TAB6400』言い、世界中でも日本国内での生産されたものが適合する最高級の精製精度を持った材料なのです。
ベータチタニウムでは日本国際生産のTi-6Al-4V『TAB6400』を使用し各種工業用鍛造ボルト、モーターサイクル用アクスルシャフト、車用のホイールナット等様々な製品を作成しております。それは過度と言われても『折れにくさ』『曲がりにくさ』を追求し最終的に『安全』を追及した結果なのです。
例えば同じTi-6Al-4Vという配合率の合金といえども、加工条件も違えば単純に製品にした際の性能は必ずしも同じとは言えず、装着してからの耐用年数であったり、最大締め付けトルクであったり、さらにはボルトにもっとも必要な締め付けトルクの安定というところで大きな優位性があります。

ベータチタニウムは社名のとおりチタンの合金を扱う会社です。
そして、主要製品で最も多く扱うのが機械要素で締結という重要な役割を担う『ボルト』であります。

ボルトメーカーとしてチタン合金を扱うベータチタニウムが、モーターサイクル用のボルトのとして長年の経験とデータでたどり着いたのがTB6400チタン合金なのです。
それは単純な引張強度や比重という目に見える数字だけではなく、実際にボルトを使用した際に
かかる力に対して、状態を安定させ、締結される部材を安定出来るかなのです。もちろんモーターサイクル以外の特殊用途に対してご相談いただければ、それに見合う性能を有した材質や加工方法もご提案させていただいています。

『ボルトを換装する事によってモータサイクルの性能が変わる』 そんな御伽噺のような事実。
それは材料に拘り、製造方法に拘り、決して大量生産に走らない理由のある拵え方からくる真実。


例えばバイクや車

実際に使ってもらってわかってもらえるネジの効果。



知ってもらえればそれが一番の幸せなんです。
スポンサーサイト
22 : 16 : 47 | Technology&Material | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。