たかがナットと侮るべからず


ベータチタニウムの送り出す製品にとって一番大事なのは“繋ぐ”という事
ボルトナットという締結部品を製造する上で、最も当り前で最も重要な項目
そしてこのTi-6Al-4Vチタン合金ホイールナットに関してはそれを踏まえた上で
もう一つ重要な役割を与え、実現させる事が可能になりました。

それは“力の整流”という事

基本的にタイヤとホイールというものは走行中には真円を保てずに楕円になっている事はご存知でしょうか?
これは車重という負荷が上から常に掛かり、更に回転エネルギーをも常に受けているのでその力を随時たわませる為に楕円になっています。
楕円にせずに真円を維持しようとすると、どうしても硬くなってしまい、ホイール自体が割れやすくなったり、路面からの衝撃でピッチングが強くなったりします。
なので、あえてたわませて力を楕円に逃がしているのです。
基本的に渦状態に外周円に近い箇所ほど多くたわみ、内部に近くなるほど小さくなります。
このときに内部に近くなると確かに小さくはなるのですが、楕円が消えてしまうわけではありません。
最終的にホイールがハブに伝わる時にもその楕円が残っていて、ホイールとハブの密着性を低下させているのです。

ベータチタニウムではこの密着性を維持出来るように、従来の製品よりも高い剛性と精度を実現させました。これによりハブに伝わる力が真円に近くなり、力の流れを整える事が可能となります。
さらにTi-6Al-4Vチタン合金の持つ振動吸収性をバランスよく取り込んだ設計において驚くべきロードノイズの低減も可能としました。
もちろん重量でも従来の製品をはるかに下回る10gという軽さを実現。

力が整流化されることにより実現出来るハンドリングレスポンス、
ホイールをハブの密着性の向上による加速減速のリニア感
そして振動吸収性による車内の静粛感の向上

コピー ~ _DSC6066


アナタの愛車を一つ上のクラスの車に生まれ変わらせる事が出来ます。
スポンサーサイト
13 : 43 : 59 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっちまったい!! | ホーム | 環境問題>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://btitanium.blog100.fc2.com/tb.php/230-6a53b76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: