環境問題

最近、環境問題がクローズアップされてきています。

企業においては ISO14001(環境マネジメントシステム)を取り入れるところも多く

社内においてもISO14001は必要かどうかと話題になることもあります。

ただ、ベータチタニウムにとって第一に考え、気を配らなければならないことは

「お客様の安全と健康を損なわない事。」

この一言に尽きます。

ココから先は苦情が来そうですが、ムズカシクなります。
RoHS MSDS・・・・・新たに IMDS 

年々、複雑・多様化する「グリーン調達」に関連するコトバです。

グリーン調達ってなんだ?・・・・・・・ですが、

グリーン調達とは?

「大手の電機・精密機器会社が、部品の調達にあたって有害化学物質を使用していないものに限定すること。2006年7月以降、欧州連合(EU)域内で電気製品に鉛などの使用が禁止されることに対応している。EUが電気製品への使用を禁止するのは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、2種類の臭素系樹脂難燃剤の6品目を含む29種類の物質である。これらの物質はハンダや電線の被膜、スイッチ、基板などに広く含まれ、土壌汚染などを通じて人体に害を及ぼす恐れが指摘されている。ソニー、キヤノン、NECなどは規制物質やその測定方法、含有量などの基準を共通化した上で、部品の調達先が規制物質の使用状況を開示したり、不使用を宣言するように求めている。使用を全廃できれば、部品メーカーが対応完了を宣言する。 」
 
yahoo辞書 2004.3

少々、古いですが内容的にこんな感じです。


グリーン調達も突き詰めればユーザーの安全と健康を考えてのモノです。

ベータチタニウムの理念と一致しますが、

調査の為に「グリーン調達」で検索して、各企業の内容を見れば見るほど難解な文字の羅列・・・・


仕事も一つの格闘技のような気持ちになる毎日です。





スポンサーサイト
17 : 39 : 29 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: