CB400SS ボルト三本での効果

新カテゴリを作っておきながら全くもって書いていなかった【マツヤマの装着テスト】

本日めでたく第二回のレポートをあげてみたいと思います。









今回のテスト車両はこちら

cb400ss.jpg


HONDA CB400SS


ホンダのスタンダードモデルに位置する空冷単気筒


どちらかといえばレースよりファッションのイメージの強いオートバイですが、このオートバイの乗り味をベータチタニウムのボルトで果たして変えれるのか?
という実験です。



今回交換した箇所は以下の点

トップブリッジアンダーブラケットピンチボルト×2
080127_1535~0001


アクスルピンチボルト
080127_1536~0001




これだけです



このネジ三本ではたして変わるのか?

































変わりました。







とりあえず換装直後に発進し前輪が一回転したときに『ん?』

と、不思議な感覚


このクラスのノーマルの車両は軽やかな足回りで乗りやすいのですがどことなく安定感というものが少ないものだという認識が強かったのですが、一つ上の安定感が感じられました。

例えるならばホーネットやバリオスのフロント周りのような感触
(排気量は下がっても足回りはSSよりいいんです)


今までに比べると非常にシルキーな感触に変わりました。



コーナーやギャップを抜けたときに今までだったら

『ブェブェブェ』って感じで動いていたサスペンションが

『ヒュンヒュンヒュン』と動いていくのがわかります。


それが当たり前だと思っていた元々あった振動が二つ程消えているような乗り味



【割締めに対する効果】でも書きましたが、分割された物体同士を結合しているボルトは力が掛かると開く方向に引っ張られるので、純正で常に引っ張られていたボルトが力に負けて細かく伸び縮みしていてフロントフォークの保持力が不安定になっていたのが、Ti-6Al-4V鍛造のボルトに換装することによりしっかりと締結し、保持力を維持できていた為だと推測されます。

テスト走行する前は換装する本数が少ないために果たして変化が感じれるかわからなかったのですが、予想以上に効きました


よくよく考えてみると、現在殆どのロードバイクは例えばアンダークランプであったり、トップブリッジなどは締結の為の保持面積広くボルトも2本以上で取り付けている場合が多いですが、このCB400SSという車両はクラシック路線だからなのか全てボルト一本止めなんですよね。

そりゃあ絶対的馬力は他車に劣るものの車重はそんなに軽くないのでその少ない保持面積に大きな負荷が掛かっていた事が予測されます。


ですのでたった三本のボルトを高剛性化させることによって、今までは解消しようの無かった、若しくは改善出来ると思っていなかった効果を得ることが出来たのだと考えられます。



今回のテストはそういった意味でも新しい視点での発見が多く良いデータが取れたと思います。
スポンサーサイト
11 : 44 : 52 | 装着テスト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<Ti-6Al-4Vホイールナットの効果その2 | ホーム | Mini用Ti-6Al-4Vホイールスタッドボルトテストin岡山国際三時間耐久レース>>
コメント
お返事遅くなりました。
お返事遅くなりまして申し訳ありませんでした。

この記事で使用したボルトは汎用品でフランジ六角ぼボルトになります。

サイズは
トップブリッジのクランプがM8
アクスルシャフトの割締めがM10

なのですが

長さは年式によって異なる可能性がありますので、
実際の装着されているボルトを測っていただくのが確実です。

下記記事をご参照ください。
http://btitanium.blog100.fc2.com/blog-entry-119.html
by: BtitaniumTecDev * 2008/08/25 10:44 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。自分のSSにとりつけて試してみたいので
この実験で使われているチタンボルトの種類と長さを教えてもらえませんか?
by: ゲスト * 2008/08/10 21:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://btitanium.blog100.fc2.com/tb.php/180-45bde54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: