LAMBORGHINI CircuitChallenge2007

先週の土曜日に岡山国際サーキットで行われた
LAMBORGHINI CircuitChallenge2007を見学させていただいてまいりました。

以前の日記で書きましたがTi-6Al-4Vでカウンタックのホイールボルト開発させていただいたのですが、次は現行車両用の物を作ろうということで色々と体験させていただきました。


071027_1131~0001.jpg

会場に集まるランボルギーニ

やはり迫力があります。

とりあえず今回一度どんな感じの挙動の車なのかを知るためにナビシートに同乗させていただきサーキットを走行していただきました。


乗せていただいたのはコチラ

071027_1135~0002.jpg


LAMBORGHINI Gallardo

90°V型10気筒 DOHC 40バルブ 縦置きリアミッドシップ
382 kW (520 hp) / 8000 rpm/510 Nm / 4250 rpm
フルタイム4WD

というおよそ日本車では考えられないスペックです。

ヘルメットをかぶっているのは今回連れて来てくださったLAMBORGHINI OSAKAのT氏です。



071027_1135~0001.jpg

後ろから

071027_1137~0001.jpg

エンジンルームはガラス張り




走行していただいての感想は非常に良く出来た車だと感じる事が出来ました。
こういうスーパーカー(あえてスポーツカーとは呼ばず)ってもっとゴツゴツしたものだと思っていたんですが、とてもなめらかでしなやかな動きをしながら駆け抜けていきます。

ボディも決して軽量ではないのですが重さを感じさせない安定感があります。


ここからボルトでどんな風に走りを変える事が出来るのか非常に楽しみになりました。




そして実際にB-titaniumの製品を装着したのがコチラ
071027_0948~0001.jpg


こちらもGallardoなんですがグレーのボディが凄みを感じさせます。


そして装着しているのがこのホイールボルト


071027_1112~0001.jpg


071027_0930~0001.jpg


今回は陽極酸化処理を掛けたのですが、チタニウムグレー色のホイールとの組み合わせが非常に良かったです。


071027_0948~0002.jpg

離れて見ても存在感がありますね。

実はこの車両のホイールボルトはお客様のご要望によりスペシャルな処理を施してあるのですが、それはまだヒミツにしておきます。




ホイールボルトを変える事によるメリットはまた別件で書いてみますのでお待ちくださいね。
スポンサーサイト
14 : 17 : 04 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<TASTE OF TSUKUBA 2007 | ホーム | 色々とドタバタとジタバタと>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://btitanium.blog100.fc2.com/tb.php/154-64495d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: