スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007  その2

昨日の記事の続き


そうです、百式が他のモビルスーツと最も特徴的差異がある部分…











ずばり 「機体色」 です。

ms_02.jpg



全ての兵器に共通する隠密性という重要事項を完全に無視した
あの金色

何故にわざわざあのような機体色を採用したのか?


まず考えられるのは誰かの趣味

が脳裏に浮かぶでしょうが、設定を調べてみてもこの機体は開発段階の時点で金色でした。


と、いう事はこの機体色は開発段階である程度の科学的根拠があって採用されたのではないかと考えます。


ここで二種類の思考のチャートが出てくるのですが

1、色覚的に金色である事に意味があった(色主導)
2、ある種の目的を達成する為に金色になった(機能主導)




1について、

まず普通に考えれば兵器というものは少なからず隠密性
というものが重要となってきます。
宙間戦闘を主体に考えられた百式があえて目立つ機体色を採用するという事は考えられません(普通は黒系統)



と、いうことは別種の目的を達成する為にあえて金色の機体色を採用したという事が考えられます。


その目的とは一体何なのか?
(わざわざ馬鹿みたいに目立つ機体色にする理由は何なのか?)



これに一つの仮説を立ててみました。






最終話に続く
スポンサーサイト
10 : 39 : 15 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007  最終話 | ホーム | Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007>>
コメント
アカツキは…
ヤタノカガミという装甲らしいですが、

これは機体本体及びバックパックに施された金色の特殊装甲。
ナノスケールのビーム回折格子層と超微細プラズマ臨界制御層でのビーム反射装甲なのでちょっと違いますね

wikiで調べて見ましたw
by: B-titaniumTecDev * 2007/09/13 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
ドキドキ
ドキドキ・・・・
アカツキも出てくるのかな・・・・
by: ぎっちょん * 2007/09/12 23:31 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://btitanium.blog100.fc2.com/tb.php/129-6c326e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。