今日はちょっと固い話です。

この仕事を始めてから
チタン合金の固さ(正式には硬さ)について
ず~~っと悩んでいます。


それは鉄には様々な種類があって
用途にあった特性の材質があります。
また、メッキ及び焼入れなどの表面処理が確立されています。



ですが・・・チタンにはそういったものが

ほとんどありません。



もし・・・


自動車エンジン内部の鉄をチタンで出来たなら・・・・

楽しくなりますね。












地球温暖化防止に貢献できます。(ホント。


将来、チタンが普及してくれば
技術開発が進み、どんなところにもチタンが使えるように
なるでしょう。
しかし、それは数十年先の話なのか?
数百年先の話なのか?は分かりません。

ただ、私が生きている間に・・・というか
自分が見たい・やりたいだけなんですが・・・


ベータチタニウムとしての結果を出したいですが、
まだ、硬さについての悩みは現在進行中です。

次回はネジの話をします。

スポンサーサイト
06 : 22 : 45 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: