Motorcyclepartsfesta 2nd



さて、世間は東京モーターショーで賑わっております。今年のモーターショーは先日ぶらぶらっと見に行って参りましたが色々と気になる車両満載でございました。

mainimg (1)

個人的にものすごく気になった一台。今年はYAMAHA R25


いや、もうカッコ良すぎ。

発売時期と価格が気になりすぎてたまりません。
(書いてる本人は元々3XVからバイクに乗り始めてたりするので)



さてさて、そんな見どころ満載の東京モーターショーですが。
今週12月1日まで東京ビックサイトで開催しておりますが、我々パーツサプライヤーもがんばりますよ!

cpsnnm04 (1)
詳細は画像をクリック!

現在発売中のカスタムピープル誌でこんなページが載ってるのを確認した方も多いと思いますが今回はカスタムピープル&U400の撮影会も同時開催します!
カスタムピープルでの撮影会への参加条件は『4気筒』『カスタム3点以上』そして今回はあえての

『フルカウル車限定』


当然出展メーカーも様々なフルカウル車のデモ車&パーツを多数持っていきます!

ネイキッドに比べカスタムという面では若干の遅れを取っているイメージのあるフルカウル車ですがレース車両からメーカーカスタム車両様々なデモ車をご用意しております。サーキットからツーリングまで対応する本気の部品を皆で持っていきますのでお楽しみに!!
(もちろんフルカウル車以外の部品もいっぱいありますよ)



それでは、モーターショーの帰りに。若しくはこのイベントを目的に。

ライコランドTokyoBay東雲店にてお待ちしております!!
スポンサーサイト
22 : 44 : 40 | Information | page top↑

これなんだ?

こんばんは、製造のショウジです。

さてさて、これはなんでしょうか?

kiriko 001

黒い糸が巻き付いたような・・・・

実は、これワークに巻きついた切子なんですね。

こうしてみるとわかるかな。



kiriko 002

これは極端な巻きつきの一例ですが、この切子を巻きつかない様に加工するのが理想なんですね。

そうしないと、場合によっては製品に傷が入ってしまい商品として扱えなくなってしまいます。

そうならないために、加工の段階で切子が巻き付かない様にしなくてはなりません。

一つは、切削条件。

その材料にあった切削条件であるかどうか。

そしてもう一つが、切削油のかかり方。

このかかり方が大事で、金属加工の冷却だけではなく切子を飛ばす役目があることなんです。

上手いこと行ってるときは仕上がりが綺麗ですし、工具へのダメージも少ないです。

ですから、切削油の出方はマメに見るようにしています。

後は、勢いでとばす!

もっと、圧上げたろかな~と思うショウジでした。


18 : 26 : 17 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

デモ車をつくろう ~その5.5~ そろそろ本腰

Twin roller barrel throttle やらチタンコンロッドやらといい感じに実験車として日々バラされ組み上げられとしてますが。そろそろ本業の螺旋屋の部品も付けてイカンとなぁということで下準備。













DSC_0086.jpg

バレル展示の為にEG降りてる状態なので。全バラしてフレーム塗装にいってきます。





うん、進んでないな。その5.5
14 : 41 : 04 | デモ車をつくろう | page top↑

ホイールボルト

こんばんは、製造のショウジです。

日増しに寒さが強くなってきましたね。

会社でもストーブを出したり、シャッター前に透明なカーテンを付けたりと冬支度がはじまりました。

そんな中今週はホイールボルトの注文が多かったですね。

そう、ホイールナットではなく、ホイールボルトです。

いわば、ナットと埋め込みスタッドの合体型なんですが。

R0011158.jpg

これだけあると壮観ですね。

近くから。

R0011160.jpg

こうしてみると転造ねじの滑らかさがよくわかりますね。

この他にもシャフトやら、ワッシャーやらと、オーダー品が多かったです。

ありがとうございます。

そろそろ寒い地方ではシーズンオフに入るころですかね。

その間にボルト、ナットのリフレッシュはいかがですか?

以上、製造のショウジでした。
18 : 35 : 51 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: