今年一年ありがとうございました。

弊社のような製造業は
常にお客様の視点に立ち、お客様に喜んで頂ける製品作りを目指しています。
今年1年を振り返り、多くのお客様に接してきましたが
弊社の製品をお買い上げいただき整備する楽しみや乗る喜びを
感じていただければ幸いです。

これが我々にとってのモノづくりの原点であり
日々の業務の原動力となっています。


ここで少々話は変わりますが
12月15日にヨシムラツーリングブレイクタイムに出店した際に
横で出展されていたジムニーです。
IMGP00711.jpg

APIOさんモンゴルのラリーに出場した際の車両なんですが、マフラーの展示だったようです。

IMGP00721.jpg

ジムニーにヨシムラ管です。

なんとも楽しい限りですね。




それでは皆様、よいお年を!


スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

11 : 30 : 19 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

最終日

こんにちは、製造のショウジです。

昨日の夕方に最終の出荷が終わり、今日は一日大掃除です。

これにて、今年の仕事は全て終了です。

個人的にはとても濃い一年でした。

仕事の内容もそうですし、出会った人たちも色んな方面からの出会いがありました。

いいこともあり、そうでなかったこともありましたが、ひっくるめて来年に活かせればと思っています。


来年の更なる飛躍を願って。


皆さんも良いお年を。


以上、製造のショウジでした。

14 : 18 : 25 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

失敗というか、勘違い。

こんばんは、製造のショウジです。

今日は冬至ですね。会社の外も雨が降って寒いです。

こんな日は近所の銭湯に今日限定の柚子風呂に入りに行きたいですね。

年の瀬のバタバタでエライ勘違いなものを作ってしまいました。

ブレーキキャリパー 001

ながい・・・・ていうか長すぎるんですね。

ロードの自転車のフロントフォークにハマり込むブレーキキャリパーの取付ナットなんですが、

75ミリもあります。実はナットはこんなに長いのはいらないんですね。

フロントフォークの厚みが増したことに対応して作るのは実はこっちが正解。

ブレーキキャリパー 003

ナットではなく首下の長さが75ミリあるボルトの方が必要なのでした。

因みにノーマルの長さから比べるとこんなにちゃいます。

ブレーキキャリパー 004

ついでにナットも。
ブレーキキャリパー 002
ナットは使いませんけどね。作ちゃったんで。(笑)

BICYCLE STUDIO MOVEMENTさんからのご注文で作ったんですが、

実際にどんな自転車につくかは謎のまま。

ある意味創造にまかせて楽しんでいるショウジでした。


18 : 48 : 08 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

試作ボルト。

こんばんは、製造のショウジです。

そろそろ、年末の駆け込みの製作依頼が押し寄せてきてます。

できるか?できるのか?気合いで乗り切りますよ。

風邪だけはひかないようにしないとね。

そんな、ドタバタの中でつくりました。

じゃん。

051.jpg

GSX1000R L1 以降モデル。

ボルトもどんどん新しくなってきてますね。

純正はテーパー形状なんですが、ぱっと見てわかるようにそこはウチの特徴を出しての六角形状。

052.jpg

とりあえず、テストをするので、うちのマツヤマに渡しておきました。

早くラインナップになってくれればいいな。

以上 製造のショウジでした。

19 : 56 : 40 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

知ってるつもりでも知らない材料の話

本題に入る前に12月15日のイベントに関するお知らせです。

top_img_touring_35th_01.jpg


松山が関西で所用がある為に私がヨシムラさんへ行く事になりました。
ネジに関する事、チタンに関する事、材料に関する事など
チタン合金ボルトメーカー側の話をさせていただけると思っています。
専門的になりすぎる事も多々あり、社内では批判を買う事も多くありますが
その場で色々と質問してください。

という事で・・・・・


「知っているようで知らない材料の話」

インコネル・ハステロイなどといった材料は名前ぐらい聞いた事がある人もいると思いますが
モネル・カーペンターも良くボルトに使われる材料として知られています。
実際、私もネジ業界に関わるまで鉄・ステンレス系は理解できていても
全く知りませんでした。
一時期、JISハンドブック「鉄鋼Ⅰ・Ⅱ」が愛読書だった時期があり、
材料に関しては人並に分かってるつもりではありましたが
日本国内材料メーカー独自に開発した材料に関しては
自社での品番が付くのでJISハンドブックには記載が無かったりで
色々と教えてもらった記憶があります。

ボルトとして使われる事が無い快削鋼・バネ材・工具鋼などは
社内でボルトとして加工する事が無いに等しい材料なので
SWRH・SUMも生活してる中で必ず触れてはいても
材料名を知ることの無い材料となっています。

知らなかった材料名を少々(笑

アンビロイ、HP35N、ASK1500D、ASK2600S、MA22、MA276、スターバックス・・・などなど

その他、規格が違うと品番も変わり
ASTM、AMS、DINなどの表記になってくると調べるのに苦労します。

多分、材料に関する知識と勉強はこの仕事をしてる限り
続くものと思います。

それでは
関東方面のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。




02 : 05 : 26 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

先に書いておこうと。

ようやくブログ更新。
なんだろう、一度開くと中々書くことの出来ない不思議。

どうもマツヤマです。



さて、


先月末くらいから結構お問い合わせが多い内容。

sinsyun_20121210100149.jpg



えぇっと





今年は、やりません。
今年は、やりません。




大事な事なので二回書いてみました。


今年の年末は新製品とちょっと新しいモノを載せるので結構いっぱいいっぱい。



年末年始ではちょっとイベントを入れる余裕の無いので
また何か早々に企画しますのでご容赦くださいませ。

ではでは。







っと。


告知も一件ありました。



top_img_touring_35th_01.jpg


今週末のヨシムラツーリングブレイクタイムVol35で出展させていただきます。


今回の目玉は・・・・


弊社代表キウチが説明員としてお伺いいたします(笑)



私は尼崎に残ってますのでベータチタニウム創設者から色んな話を聞けるチャンス!
何がどうチャンスなのか私にもわかりませんが、関係者各位よろしくお願いいたします(心から
10 : 10 : 10 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

試作ですけど・・・・・

こんばんは、製造のショウジです。今週もばたばたでした。

工業系ではいろんな難削材を(カーペンターとか、モネルとか、ハステロイとか、インコとか・・・)

で、それ以外では、自転車系の部品の依頼が多かったです。

で今回は、何かというと・・・・

とりあえず、試作ですけどできたので・・・・

これ。

タッピングスクリュー 001

64チタン製タッピングスクリュー

大変でした・・・・何が大変かって言うと、全部!(作ってみて初めてわかる大変さ・・・・)

普通タッピングスクリューは冷間鍛造で製作していくものなのですが、64でそれは出来ないので切削になります。

実際医療で使われているボーンスクリューなんかがそうなんですが僕はつくったことがなかったのでチャレンジです。

で、実際に作ってみると先ほどの感想です。

まず、ねじ山。普通のねじはねじ切りバイトなるものがあるんですが、タッピングの場合はねじ切りバイトがないので(多分ない。)

それにあった形のねじ切りバイトを作るとこから始めないといけません。

見本の形に似せて作りますがなかなかいい形のバイトができるまで結構ぺけをつくってしましました。

次に頭加工。写真のタッピングスクリューは螺旋径4ミリで長さが10ミリのものなんですが、

頭加工のときにねじ山が潰れたり、頭そのものが加工中に折れてしまったりしました。

で、さらに頭の内六角も矢打ちの際に吹っ飛んだもの多数。

タッピングスクリュー 002

でも、とりあえず形にはなったのでひとつ技術の階段を上れたような気がしました。

ただ、厳密に言うと今回のはサンプルのコピーを作ったんですが、螺旋の規格の本にあるスクリュー螺旋とは異なっていました。

R0010968.jpg

この規格に合った螺旋が作れるようになったらまた報告させてもらいます。

以上、ショウジでした。





19 : 35 : 06 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

タイ出張報告

先月、22~25日までバンコクの展示会へ行ってきました。
22日・25日は移動日となり、23日・24日の両日を使い
バンコクにある「Bitec Bang Na」開催されていました「METALEX」という
工業系の展示会に行ってきました。

今日のブログは写真が中心になります。
日付は前後しますが、ご了承ください。

会場の入り口があちこちにあり、どこがメインの入り口なのか混乱しますが
入口の一つと思われし場所です。
IMGP0050.jpg
IMGP0049.jpg

日本の企業も多く出店していました。

IMGP0045.jpg

2日間、展示会場に足を運ぶと1日目では気が付かなかった事に気が付きます。
「SOLD」の赤い文字!
24日の夜にタイ在住の友達から聞いた話では
「展示会は展示即売の場所」だという事。

つい2週間前、東京の展示会「JIMTOF」に視察に行きましたが、
この赤い文字は見かける事はありませんでした。

同じ時期に日本の展示会とタイの展示会を見たものですから
その違いに驚かされるばかりでした。

IMGP0048.jpg

こういった女の子達はサーキットでは見慣れていますが・・・・・
バックに写っているのはバイクではなく「溶接機」。
その他にもキャンギャルが客を呼び込み、奥に居る販売員が話をまとめると言ったような感じでした。
至る所にキャンギャルが居た事にも驚きなのですが、
ブース内でナマバンドの演奏が始まったりと、ほとんどお祭りと言ったような雰囲気でした。

話は変わりますが、やはりタイと言えばバイクが熱い国ですから
私が見たバイクの紹介です。

IMGP0054.jpg

タイではタイカブに遅いリムに細いタイヤを付けるのが流行りらしいです。
理由は加速性能が上がって燃費も良くなるからという事ですが・・・・・・

IMGP0052.jpg

これはXJR400かと思われます。
初めて見たフロントキャリパーに驚きましたが
初期型の頃はこんなキャリパーが付いてたのでしょうか?
少々、知識不足で申し訳ありません。

マフラーはヨシムラさんの製品でした。

IMGP0034.jpg

1速アイドリングで走っていました。
見れば見るほど・・・・・・・・・・・・?????????????
考えれば考えるほど・・・・・・・・・・?????????????
国が違えば、何もかも違う事に驚かされます。

24日深夜の飛行機で帰国の予定でしたので
夕方、タイの友達に連絡をとりEkkamaiにあるGATEWAYというショッピングセンターで
待ち合わせをし食事をしました。

GATEWAYの内部の写真です。
下から見た時は花のオブジェかと思っていましたが
上から見たら、ちょっと変ですが・・・・・・折鶴。

IMGP0033.jpg


ショッピングセンター内では「AKB48」だと??????思われしき日本の音楽が流れ
至る所の看板やらメニューやら日本語表記!
その上、1階にいる案内の女性は浴衣姿!
正直、頭が混乱します。
場所を聞くのに「こんにちは」と話しかけてみましたが
日本語が分からないらしく変な顔をされました。
余計に頭が混乱します。

ようやく友達とも会えて
友達が連れて行ってくれた店は、焼き鳥屋と居酒屋を足したような店で
友達いわく「タイの鶏は100%地鶏だから・・・・旨い」と

そのメニューが↓
IMGP0059.jpg
日本語表記の上、日本語で注文出来てしまいます。
またまた、店で流れている音楽はサザンとドリカム (笑

本心ではタイの文化を味わう為に、もっとタイらしいものが食べたかったのですが・・・・
連れて行ってもらったGatawayというショッピングセンターの焼き鳥屋。
今から考えれば、これも一つのタイの側面でした。

今回の渡航を期に海外進出などと考えられる余地などありませんが
もう少し頭を整理して、ゆっくり可能性を考えて行きたいと思います。






テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

01 : 28 : 01 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: