作業効率と鬼プログラム

こんにちは、製造のショウジです。

町の街路樹の銀杏から実が落ちてきだしました。

秋ですね。食欲の。(笑)

さてさて、作業効率のお話しなんですが、意味としては本当に語ると多岐にわたってしまうので、今回の場合はNC旋盤における加工時間についてです。

単純に例えば、一個の物を作る時間が一分だとして、それを100個作るとしたら100分かかります。

それを、一個作るのに半分の30秒で出来るとすると、加工時間のトータルは50分となります。

従って50分時間が短縮されるので、残りの50分があれば、別の物を作ったり、より沢山の製品を作ることができるようになるわけです。

なので、いわゆる「数物(かずもの)」と、呼ばれるもの(特に工業製品)は加工時間の短縮が必須になります。

そこで、加工プログラムの変更を行うことで加工時間の短縮を図るわけなんですが、ここに経験の差が出てきます。

色んな金属の加工経験が豊富な人とそうでない人では調度良い具合の時間短縮の地点までたどり着く時間に差があるからです。

簡単に言うと100個の物を作るときに2個目でその地点にたどり着くか、100個目にその地点にたどり着くかの違いです。

当然経験豊富な職人さんはその調度いい具合のところにたどり着くのが早いです。

ここで言う調度いい具合とは加工時間が短縮されつつも、切削工具のヘタリ具合が少なく最後まで続けて加工できることを言います。

その点でウチの工場長は調度いい具合の地点にたどり着くのはやはり早いですね。

僕も見習わなくては・・・・・

と、これは「数物」のお話しになるんですが、一個だけの製作の場合はどちらかと言えば時間を掛けますね。

なんせペケを出したくないですから(笑)

でも、一個のモノでも超特急で作らなくてはならない時も当然あります。

そこで登場するのが鬼プログラムです。

これは、一個作るのにだけ、工具が持てばもてばいいというプログラムで、加工してる時の音は凄まじいです。

これもやはり、工場長が得意とするとこなんですが、見ていてこっちが「ほんまに大丈夫なんやろか?」と思ってしまうほどですが、出来上がったものはキッチリ公差に入った綺麗な仕上がりです。

つまり、削れるとこは大胆に削り、仕上げるところはきっちりと仕上げる。これがコツなんですね。

そして、そんなプログラムを組んでいる工場長を見てた現場の人間が「鬼や、鬼が現れよった!」と言ったとか言わないとか・・・(言ったのは僕なんですけどね。)

今日もまた鬼が・・・・・(笑)

以上製造のショウジでした。

スポンサーサイト
18 : 39 : 16 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

いべんといべんと

今秋は昨日のしゃぼん玉祭りに引き続きイベントは結構たくさん頑張って出る予定でございます。



まずは来週末10/7(雨天時8日)に京都の日吉で行われる
日吉
http://www.enjoy-riders-meeting.com/



そしてその翌週10/13-14にツインリンクもてぎにて行われる
名称未設定 1
http://www.twinring.jp/motogp/


で、がっつり出展いたします!



皆様のお越しをお待ちしております!!
20 : 12 : 19 | Information | page top↑

9/23日のしゃぼん玉祭り!!

6c478a62dd11d4a0b6bca83d1fce48371-1024x376.jpg
先日のブログでもお伝えしましたが、今週日曜日はしゃぼん玉祭りinラグーナ蒲郡に出展します!


色々と製品展示はいつも通りするのですが、
今回の目玉は展示車両です!!








machine01.jpg


株式会社MIRAI
2012 マン島参戦マシン EVレーサー TT零12(codename: KM1)です。

当日はβチタニウムブースに開発者であるMIRAI代表岸本さんもいらっしゃいます!
会場のMCとしてライダーの松下ヨシナリさんもいらっしゃるので是非日本が誇るEVコンビに色々お話を聞いてみてください!!



螺旋屋としては目的別螺旋で造ったC2720真鍮ボルトや足回りを中心にお手伝いをさせていただきました。
2720_20120921011103.jpg

実はこの辺の検証もまだやってないので来年に向けてやらねば・・・


そんなこんなで9月23日、蒲郡でお待ちしております♪
01 : 12 : 28 | Information | page top↑

東京ビックサイト

こんばんは 木内です。
本日は軽量化・高度化技術展に出展していますチタン協会のブースのお手伝いのために
東京ビックサイトに来ていました。
チタン協会のブースでは、チタン製アルマイト冶具・チタン製ヤカン・自動車マフラー・ボルト類など多彩にわたって展示しています。
純チタンのボルトと鉄製ボルトの重量比較をできたり、弊社にて製作しました陽極酸化処理品の64合金ボルトも展示しています。
今日から3日間開催されていますので是非来場ください。

印象に残ったのは紙袋!

IMAG0049.jpg

尼崎へいってきました」って書いてあるんですよね。
気になってそのブースへ行ってみると尼崎市が出展されていました。
いろいろと話をしていると小さなモニターに自分が映ってたりで
本当にびっくりしました。
尼崎市のブースには尼崎観光マップがあったり、尼崎あんかけちゃんぽんマップがあったりしますので是非お立ち寄りください。
お帰りの際は「尼崎へいってきました」って書いてある紙袋を持ってお帰りくださいね。
それでは明日は東京で数件立ち寄って「尼崎へいってきました」って紙袋を持って
尼崎へ帰ります。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

23 : 51 : 52 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

使い勝手

こんにちは、製造のショウジです。

今日は外出中の間に突然の雨にビショビショです。

しかも、すぐに止むという・・・なんでやねん・・

今回は工場長が自分のバイクを整備してるときに出た話から。

某イタリア製のブレーキのブリーダーニップルはご存じのように六角部分が11ミリか7ミリでまぁ普通には工具箱には入っていないサイズ。

で、やはりそこのところはお客さまからも指摘されてまして、

オーダーで受けていた時はそこの変更を求める声が多かったです。

そんなことを踏まえて当社ではブリーダーニップルをそれぞれ11ミリから10ミリに。

7ミリから8ミリと、変更してラインナップさせてもらってます。

使い勝手 006
それぞれ11ミリから10ミリに 7ミリから8ミリに

バイクや車あるいは自転車を整備するときに整備の効率を上げることはレースをしているいないに関わらず非常に重要なファクターだと思っています。

当社のHCやHXには内六角が入っていますが、(M6以下は除く)ヘキサゴンレンチ一本で整備できることも考慮したうえですし、万が一、六角の頭がなめても内六角が使えるという利点や工具の稼働範囲に対しての二通りの選択肢があるという利点があげられるかと思います。

使い勝手 004
HC
使い勝手 005
HX

このように使っていただいているときに使いやすいボルトだということを実感していただければさいわいです。

そんな、工場長に触発されて、僕も自転車の整備をしていたんですが、どうもサドルにガタがあるんで職権濫用。

64チタンボルトに変更で締結力アップ!

ついでにノーマルでも鉄より比重が40%軽いボルトにさらに中空加工で軽量化。

ノーマル188gに対して88gになりました。

使い勝手 001
ノーマル鉄ボルト

使い勝手 002
64チタン
使い勝手 003
ついでに中空

当然サドルのガタもなくなり大満足。

と、まぁ、自分自身も楽しみながらの64製作な一週間でした。

でもって、いつかはバイクや自転車の要素をクロスオーバーさせた商品が作れたらなと思っています。

以上製造のショウジでした。


PS,今月号のカスタムピープル誌で64チタンボルト&シャフト(バネ下重量とマスの集中)が掲載されています。

ぜひご購入、ご一読を。








19 : 00 : 40 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

ちいさなアクスルシャフトの集合体

ちいさなアクスルシャフトの集合体。


おかげさまでベータチタニウム社時代から現代まで。

世に様々な車種のアクスルシャフトを造って送り出してきた我々ですが、その製品の効果はお使いいただいているユーザー様には高い評価を頂いており、アクスルシャフトを変えるという文化が薄かったバイクの世界で一つの分野として結果を残せたのではないかと、そう考える一方。

レースレギュレーションに阻まれ、
コストのかかってしまう作り方しか我々には出来ず、
どうしても敷居の高さだけは取り除けなかった分野でもあります。



アクスルシャフトを開発していく中で実際に様々な車種でテストしてきて。
“軸”という特性にTAB6400は優れた性能が出てくるなと感じました。

高強度低剛性

壊れにくく硬くならない。


低剛性と書くとあまり良い印象ではないかもしれませんが、バイクの中では色々と低剛性化が進んでいるんですよね。例えばMotoGPなんかの車両を見てみればわかるのですが、ステム周りは結構ガッツリと剛性を落とした形状になってきています。軽量化も考えてでしょうが、80~90年代にあったステムと考え方が大きく変わってきていますね。しかし、それは単純に低剛性化させてるだけではなくステムシャフトやその周辺部品との兼ね合いも大きく関係しているのですね。ステムの低剛性化とステムシャフト径の増加は色々と見てて勉強になります。

と、

脱線してしましましたが、“軸”と呼ばれるものに高強度低剛性化の方向に向かわせることによりバイクの動きはまた変わるのではないだろうか?という疑問に5年ほど前から色々と取り組んできています。

アクスルシャフトより安価で
レースレギュレーションにも引っかからない
そして軽く、強く、体感できる。


そんな部品を


DSC_4802_20120910232842.jpg


今月16日発売のカスタムピープル誌でちょこっと紹介もしていただきました。


また来週の月曜日にはリリースしますのでお楽しみに。
23 : 30 : 42 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

どうしてくれよう・・・・

こんばんは、製造のショウジです。

通勤時のアスファルトにムッとした熱気を感じなくなってきたことで秋の気配を感じている今日この頃。

そんな中、今日はこんなもの作ってみました。

用意するのはこれ。

ノブ 001
TB340純チタン

こいつをどうするかというと・・・・

こうして
ノブ 002
こうして
ノブ 003
こうして
ノブ 005
こうして
ノブ 006
こうして
ノブ 007
こうして
ノブ 008
こうすると・・・・・

ノブ 009

ノブ 010

シフトノブの出来上がり!

と、いうわけで、今回は連続写真で制作の過程を見て頂きました。

いかがでしたか?

以上製造のショウジでした。

ps、グリップロックナットM6出ました。コチラもよろしくです。





19 : 47 : 46 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

新規開拓

こんばんは、いつもバタバタで頭の中がいっぱいの木内です。
今日のブログも危うく忘れそうになっていました。

本題の新規開拓について
常に新しい分野への営業を考えていますが
64合金ボルトを生業にしているとつい初心を忘れてしまうことが多々あります。

初めてチタン合金の材料を手にした時
その材料でボルトを作って手に持った時
ボルトをバイクにつけて走った時

すべてにおいて驚きと感動を覚えました。
その反面、データで見るうえで一切問題ないことが分かっていても
未知の素材を使って、この手で作ったボルトが本当に大丈夫なのか
不安はありました。
それもその筈、「かじる」「焼きつく」「突然折れる」といった噂が
常に頭にありましたし、全く使った経験がありませんので
問題がないと言い切れるだけの経験や理論もありません。

10年ほど前、ようやく自分が作るボルトに自信が持ててきた頃
ロードレースに出場しているチームオーナーと話をさせて頂き
サポートで装着をお願いした足回りのボルト類の納品を済ませた後、
鈴鹿サーキットでレースメカニックの方と口論になった記憶があります。

レースメカニック曰く
「昔からチタンボルトはよく使ってきたが、突然折れてかじって抜けなくなる
 もし、ボルトが原因でライダーが怪我をしたら、どうする気だ?
 だからチタンボルトは使えない!」
今となってはレース車両の爆音が鳴り響く中、大声で言い争ったことが懐かしく思えます。

それというのも7年間鈴鹿8時間耐久レースに出場するチームに装着していただいている
ヨシムラジャパン」「トリックスター」「モリワキエンジニアリング」をはじめ各チームの
レースメカニックからの評価は最高のモノとの評価をいただいています。
また、何度も表彰台に上がるお手伝いをさせて頂いてもいます。

今年、「TOHO RACING with MORIWAKI」の車両が8時間耐久レースで2位の成績は
偉業と言われています。
それは市販されているレース車両に市販されているキットパーツで
弊社の製品が100本以上組み込まれていて全てが在庫品、お買い上げいただいているボルトと同じ製品です。
本当に誰もが買って作ることができるオートバイです。
ワークスチームに比べ歴然とした差がありながらも2位の成績は
偉業という言葉がぴったりなのかも知れません。

今、新しい分野へ開拓をしようと思えば10年前にレースメカニックから言われた言葉と
同じ事を言われます。
またか?と思う前に何か対策を練らなければなりませんね。
チタンやチタン合金の素材となると製鋼メーカーの分野になりますが
加工してボルトのなると螺旋屋の分野になります。
初心に帰り、あの頃抱いた疑問や不安をひも解き整理する必要がありますね。

それでは!!









テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

03 : 26 : 49 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

しゃぼん玉祭り!!

6c478a62dd11d4a0b6bca83d1fce48371-1024x376.jpg


今月9月23日(日)にラグーナ蒲郡で開かれるしゃぼん玉祭へ出展します!!




詳細はコチラ




チタンコンロッド、アクスルシャフトあと何を持って行こうか色々と考え中。
あ、お箸は間違いなく持っていきます(笑)当日はスペシャルセットの販売もするかも??
何はともあれ現在全力で企画中です。

是非ご来場下さいませ♪

219bdeaecbcab394d3bbfc0a202d9749.jpg
11 : 39 : 04 | Information | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: