5月31日~6月1日は棚卸です。

今日、5月31日と6月1日は棚卸となっています。
この2日間は電話でのお問い合わせはお控えください。
また、メールでのお問い合わせに関しましても
6月4日以降の回答となります事、ご了承ください。


どこの会社でも一緒なのですが、
在庫点数が多ければ多いほど大変な作業になります。
300点以上の在庫を数量を数えています。

今回の棚卸で12回目の棚卸なのですが
やはり棚卸ほど大変な日はありませんね。




スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

10 : 47 : 05 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

痛~い話。

こんばんは。製造のショウジです。


今日は2.5ミリのピンから長さ230ミリの長さのM10までと、振り幅の大きな一日でした。

色んな注文があるもんです。


試作会社 162

試作会社 163

そんな中、今日は痛~いお話。

金属加工には切子が付き物なんですが、これがまた作業の邪魔者でもあるんです。

例えば、加工物に絡みついたり。

例えば、刃物に絡みついたり・・・・・

etc、etc・・・・

で、取り除くわけですけど、ついつい素手で、ぴっと取ってしまおうとするんですね。

で、やっちまたな。となるわけです。それはもう見事に指先にスパっと。

しかしこれぐらいならまだましな方です。

入社したての頃は無知なもんですから、「切り子なんざぁ手で引っ張りゃ取れるわ。」

ぐらいにしか思ってませんでしたから、切子を手袋ごしにムンズと掴んで、うりゃあと引っ張ったら

その瞬間 指が落ちたかと思いました。(ニッパー使いましょう)

それから気をつけるようにはしてるんですけど、いつの間にか切れてますね。

多分週一で切り傷があるような・・・・・

そのほかにも、汎用旋盤で金属を削っていたらその切子が唇に跳んできてジュッと。

「熱っつ!」と思って頭を振っても既に焼けてついてるから取れない。・・・・

で、唇火傷しました。

とか、切子がメガネの隙間から入ってきて目に刺さったこともあったし。
(幸い取れました・・・・)

爪の間に切子が刺さったり、工具に手が引っかかって手が裂けたり・・・・


とにかく一週間無傷なのが今の目標です。



来週こそは・・・・・・!


以上製造のショウジでした。










00 : 45 : 42 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

目的別螺旋

今日は螺旋屋さんとしてちょこちょこと。

日本特殊螺旋工業になったからにはやっぱりベータチタニウムとしてはあんまり表だって出していなかった螺旋も出していこうかと思います。通常の螺旋屋さんとしての仕事ですね。



いつもご紹介しているTAB6400というと締結力の強く軽い螺旋


今日はそれ以外で最近やった出来立てほやほやの螺旋。



2720.jpg


C2720 真鍮ボルト


以前MIRAIさんにマン島用のEVレーサーのサポートの打ち合わせに行ったときに電気伝導率の高いボルトナットの話になり、ちょっと作ってみようかというネタになりました。EV車だとバッテリーがメインになるから結構効くかも?なんて考えて作ったんですがさぁどんなもんでしょうかね?


本当に伝導率だけを考えれば純銅がいいんでしょうけど、あまりにも強度が低いとお話にならないので真鍮(黄銅)をチョイス。色々と調べものや周りの電気関係の会社さんに色々伺ってみてとりあえずC2720でやってみようかと。しかしこういった電気関係を勉強していくと金属の表面粗さなんかも伝導率に影響があるようなので結構慎重に仕上げました。

正直こういった電機関係は不得意な私達ですが、螺旋にする事は得意。
ここから先のテストはやはり専門家の方とやらなければと。
やった事無いものは、まず作ってみなけりゃ始まらない。

机の上だけで得れるのは情報であって螺旋屋としての経験を積み重ねる為に色々挑戦したいです。






尼崎の某電気屋さんに相談したら


『アース取るボルトにええんちゃう?アーシング効果あがるかも?』

なんて言ってたのでそれも今後のテストですな。


とりあえず、この螺旋達はマン島へ旅立って現地でぶっつけテストしてもらいましょう♪







tab6400-mirai.jpg

こちらは同じく今日旅立つEV車用のボルト

目的別。ブレーキ足回りリンク等々。
TAB6400は力が掛かって軽くもしたい。

そういう所に良いんです。
11 : 03 : 55 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

ありそうで無い物

今日はチタン繋がりの同業者のところに行ってきました。

取引のあるなしに関わらず、同じチタンを扱う業者さんでは
こういう遊びをしているもんなんですね。

IMAG0110.jpg

骨組みのところがチタンのパイプなんですけど
あまりに出来が良すぎてか?普通過ぎてか?
今まで何度も伺ってはいますが、初めて知りました。

チタン製でありそうでないものですね。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

19 : 23 : 34 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

ヨシムラコーヒーブレイクミーティングに行ってきましたよ。

_DSC2554.jpg

昨日は金環日食観に行くためにお休みを頂いていたので一日遅れでブログ更新。

と、いうわけで行ってきましたヨシムラツーリングブレイクin大観山。


もう朝から天気良すぎてびっくりしましたね。
大観山は何度も訪れてますが、これほど天気に恵まれた日は記憶にありません。
写真は朝6時頃の大観山から見た富士山。いつもならもっと霧が凄いんですけどこの天気。


_DSC2559.jpg


そんな天気なんで当然一杯いらっしゃいます。


_DSC2566.jpg

この日の為にパネル新調してみました。
ラミレート忘れたのでこの日限りなのは秘密です。

いつもは卓上で製品とパネル並べるだけだったのですが
やっぱり目線にある方が反響は良かったですね。

_DSC2567.jpg


そしてディスクローターボルトを展示する為にサンスターさんからディスクを借りてきたのですが・・・

ウチのボルトよりディスクが目立つという(笑)
けどカラーアルマイトのローターピンと陽極酸化処理の色目のコントラストは好評でした♪
やっぱり装着してあるのと、単体で展示するのとでは印象が違いますね。

展示用でローター貸していただいたサンスターさんありがとうございます。

_DSC2572.jpg

今回はヨシムラさんのイベントということでアサカワスピードさんからK7GSX-Rのレーサーをお借りしてきました。やっぱりこういうところにいらっしゃる方には本気のレーサーって興味が尽きないみたいで色々とご質問もいただけましたね。




しかし、今回のイベントは色々と自分にとって大事な時間だったと思いました。
何故かというとベータチタニウム製品のユーザーが予想以上に実際に会場にいらっしゃっていて、ブースにも多数の方が遊びにきていただきました。
ユーザーさん以外にも先月のカスタムピープル誌を見て、ウチのウェブ見て、ブログ見て来て頂いた方々も非常に沢山いらっしゃってちょっと感動してしまいましたね。

展示に携わるスタッフに良く言うのですが『1000人に喋らなくていいから10人としっかり話をしよう』
軽い『説明』をするより『深い理解』をして頂けるように、と。

二輪用の部品のメーカーとして成り立ったのがもう8年くらい前になるんですが、当初は“チタンボルト”というものに対するネガティブな意見やメーカーとしての信頼がまだ無く、こういった展示していても殆ど見向きもされませんでした。なので安易に大きく広めるよりも深く浸透させていくことが大事なんじゃないかとやってきたんですね。

それが、今回のイベントでは本当に沢山の方々に遊びに来て頂き、朝から夕方までしゃべりっぱなしで楽しく一日が過ごせました。これほど嬉しい事は私にはありませんね。


新しい世界で新しい概念を唱えるとやっぱり叩かれもしますし否定もされます。

今でこそ二輪の世界で少なからずご理解を多く頂けるようになったのは少しずつの前進であって。


それはヨシムラさんをはじめとする数々のレーシングチームによる実績の積み重ねで。
その実績や私達の言葉を誌面で展開していき伝えていってくれるメディアの方々の積み重ねで。
それを丁寧に理解してユーザーさんへと説明して頂いている各店舗のスタッフさん達の積み重ねで。


色んな方々の色んなお手伝いの中で少しづつではありますが理解を頂けるようになりました。


この幸せを糧に日本特殊螺旋工業として、そしてベータチタニウムとして前進していきますよ!









っと、前のブログで言っていた新企画製品が材料の寸法間違いでまだ何も進んでないのは秘密です。


ではではマツヤマでした。
11 : 25 : 47 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

当社最大の鍛造材

こんばんは、製造のショウジです。

来週月曜は金環食ですね!めがねを買っちゃいましたよ。楽しみです。

それはさておき、今週は結構大き目サイズのボルトを作る事が多かったですね。

不思議なのは、なぜかこういうときに似たようなサイズや、同じピッチのネジが注文入ることですよね。

もしかして、みんなどこかで繋がってるのかしら?と思ってしまいます。

で、そんなサイズで今回わが社最大の鍛造材を使用する事になりました。

リンクボルト 002
(手前は6ミリ六角首下17ミリ。奥が10ミリ六角首下162ミリです。)

当然頭や胴の太さもおっきいです。主に12ミリのボルトの製作に使用します。

今回は12ミリ首下163ミリの最大値での製作になりました。

リンクボルト 001

削りがいがあります。

今回は試作ボルトに使用しました。

リンクボルト 004

完成したらまた出していきますね。

以上製造のショウジでした。

そして明日はマツヤマが箱根ターンパイクにてヨシムラツーリングブレイクタイムミーティングに出展予定です。

気持ちいいだろうな~。走りたい!






19 : 28 : 24 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

ネジの管理

5月13日に筑波サーキットのほうへ全日本のロードレースを観戦に行った帰りに
KⅡPROJECTさんのほうに遊びに行ってきました。

お客様ともお話させていただき、楽しい時間を過ごさせていただき
また、夜にはおそばをご馳走になり、ありがとうございました。

そこの中で弊社製品をお客様に勧める上で
「スムーズに組み込めて、しっかり締まるから整備していて気持ちがいい」
「その上、綺麗なので達成感が違う」
いわゆる整備する側の立場での見解ですが
そこのところで「なんだ!このボルト!」となると
お客様に勧めていただく事も出来ないし
買っていただく事も出来なくなります。

このような評価は、日々の製造から検品・出荷に至るまでの社員の努力であり、
日々の努力が報われた時でもありました。

いわゆるボルトというものは、頭部に細工を施し凝った製品になっていても
結局、その機能を果たす事が出来なければ意味の無いものになります。

一人のお客様の立場になって考えれば、ネジの精度だけは
ヨシムラ・ジャパン様のレース車両でも一人のお客様の1本の製品でも
同じ品質・精度の製品を作らなければならないと考えています。

何やら固い事を書いていますが、
工業関連のボルトでは当たり前の事でネジの精度が公差に入っていなければ
NG品で返品となります。

では、ネジの管理はどうしてるのかといいますとネジゲージで管理を行います。

IMAG0105.jpg

ほんの1部ではありますが、これで1本・1本手作業で確認し在庫となります。
正確にどのくらいの数があるのか把握できていませんが
それぞれのネジに合わせておおよそ100種類以上はあるんじゃないでしょうか?

拘りを持ったお客様に選んで買っていただく為にも、どうしてもここだけは譲れない部分です。




テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

18 : 40 : 05 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

マン島ライダー松下ヨシナリと螺旋屋と。

P_Shigeru_Tokunaga2.jpg

色んなご縁がありまして。


今年のマン島のチャレンジに、
日本特殊螺旋工業ベータチタニウムも
お手伝いさせていただく事となりました。


2012BMWS1000RR-side12.jpg

「スーパーバイク」「スーパーストック」「シニアTT」
PENZ13.com BMW Racing Team S1000RR


007.jpg

「TT zero」
(株)MIRAI&ロンドンブルーネル大学 TT零12



上記4クラスへの参戦、2台のマシンへの製品供給させていただきます。



詳しくは下記サイトでご確認ください。
lemans-44ma2s-11.jpg









あぁ



見に行きたい。

向こうで自分で螺旋締めたい。。





しかし流石に簡単には行けないので。

尼崎で頑張って螺旋造って送ります。


松下さん、がんばってくださいねー!


18 : 42 : 51 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

ワイヤリング

こんにちは、製造のショウジです。

今週は主に64チタンの加工が多かったです。

先月末までの難削材とまた違い、きーっつという高音のなかで加工してます。

あぁ、この音落ち着く・・・・・(もはや職業病)

そんなこんなな製造ですが今週はワイヤリングを。

通常のラインナップの64チタンのボルトやナットに追加工でワイヤリングを行っています。


例えば、コンパクトフランジ六角へのワイヤリング。

ワイヤリング 001

今回は六角の対辺に二穴ワイヤリングをします。

まず、水平を確認してドリルの位置を決めます。

ワイヤリング 002

穴を空けます。ドリルが折れないように慎重に・・・・・・・

ワイヤリング 003

空いた所。

ワイヤリング 004


外から見ると穴位置が真ん中ではないですが、ワイヤリングしやすいように内六角で位置を合わせています。


この他にも追加工としてはナットのワイヤリングや螺旋の継ぎ足し加工、中空加工なんかもあります。

追加工費用に関してはこちら

また、こちらに載っていない場合は弊社にお問い合わせください。

以上製造のショウジでした。

18 : 32 : 46 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

インチサイズのボルト

あくまでも工業関連のボルトで一般的な話になりますが
インチサイズを多用する場所というのがありまして
色々とプラント関連の設備で多く使われています。
どういうプラントなのかは、様々だと言う事にさせていただきます。

インチサイズと言っても何種類も規格があって
それぞれに対応しなければなりませんが
オートバイに使われているボルトは
UNCやUNFがほとんどのようです。

WebShopにもありますが、
BUELLのボルトもインチサイズになっています。

1/4-20UNC
7/16-18UNC
3/8-20UNC

との表記ですね。

インチサイズのピッチはネジ山とネジ山の間隔を表示したものではなく
1インチ(25.4mm)の間にある山の数を表記しています。

インチサイズのキャップボルトの規格は
ANSI B18.3-1986
となります。

当然の事ですが
インチサイズのネジも
ネジ公差は2Aで作っています。

頭の痛い話ですが、
UNC UNF 以外に W(ウイット) UNJF を
理解できたと思ったら
自転車関連に使われるBCがと言うところですね。

スポークのネジも特殊ですし
インチサイズは本当に奥が深いです。

話は長くなりましたが、
バイクではBUELLの多数の部分とHarley‐Davidsonのほとんどに
インチサイズのネジが使われています。

さて、今から転造してきます。


テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

13 : 23 : 23 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

ホントかよ!ってとこで効果があったりする。

Ti-6Al-4V

高強度で比重が軽くて低剛性。



最近特に考えることが多いんですけれども、工業的な意味での剛性と人間の
センサーが出す剛性って違うんだなと思うことが多いです。

DSC_3782.jpg


そろそろウェブショップにも上げようと思いますが、四輪のハンドル用ボルト。



チタンは剛性が低い、だからいかに強度があろうとダメだ!


って、人に試して貰いたい製品です。
21 : 58 : 23 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

デモ車をつくろう ~その4~ 単気筒

久々のデモ車日記。

なんか全然進んでませんね。ハイ。




これには理由が色々とありまして・・・


とりあえず前回書いていたようにGoose350をベースに色々とやっていこうと考えているんですけれど。まぁウチがデモ車を作るんだったらやっぱり足回りとフレーム周りを中心に進めていく段取りだったんです。

















が。






ここに来てシングルという特性を生かして色々と実験しようという。
場当たり的且つ行き当たりバッタリな展開にデモ車号は飲み込まれています・


というか、長年頭の中にあったはいいけど物凄く大きな問題が二つ三つあったので正直諦めて、他所から言われてもキチンと理由をつけてお断りしていた案件があったんですよ。


それがここに来て急展開。

つか、頭の中にぐるぐると渦巻いていたモノが回りだすタイミングなんてこういうモンなんだろうな、と。好機なのかそれとも無謀なのか?自分ではやったことの無い内容なのでどうにもこうにも右も左もではございますが、とりあえず前人未到ではなく、一部の限られた世界の中で、一握りのマシンの中でしか使われていなかった技術を、ベータチタニウムとして培った12年。そこから社名変更を行い、螺旋工業になって螺旋屋として生まれ変わったにもかかわらず残した『ベータチタニウム』というブランド。

螺旋屋としてだけでは出来ず、ベータチタニウムとして始めて形にして世に出せる物を。


Performance of your force

そこよりも、もう一歩程先に進んだ部品造り。





IMAG0392.jpg




羊羹はネタです。
協力会社に送る試作材料梱包してたら思わず勢いとノリで・・・
まぁ楽しく仕事してるときが一番ってことで(笑)



さて、どうなることやら。



とりあえず今月のヨシムラツーリングブレイクタイムで試作品でも出せれば良いなと考えております。
21 : 17 : 33 | デモ車をつくろう | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: