スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

デモ車をつくろう ~その4~ Gooseの印象

さてなんだかんだとやってまいりましたデモ車をつくろう4回目になります。


今日は今回のデモ車となりましたGooseについて自分の中での印象と言うか昔乗ってた時のイメージからどういったバイクだったかなぁと思い出してみようと思います。

Goose350

91年デビューって事でもう既に20年以上前のバイクなんですな。もう完全にれっきとした旧車なんだなぁと思いつつ、自分が乗ってたときも既に生産から10年は経ってたんだなと思うとそれはそれでなんか感慨深い。
当時10年ちょっと前っていうと自身では大型免許を取得して大排気量車で色んなところにツーリングばっかり行ってたんですが、ふとしたことからサーキットを走りに行くようになり、手持ちのビックバイクだと正直サーキット走行への維持費が持たなくなり、気軽に走りに行けるバイクをと思い後輩から譲り受けました。

まぁ若造が大きいバイクから中型の、さらにシングルに乗るということで最初は正直舐めてかかってたんですよね。街中なんか流してても『パワーねーなー』とか『安定しねーなー』とかそんなことばっかり考えていたと思います。
しかし、このGoose。発売当時のキャッチコピー『直線は退屈だ』と、今の時代だとちょっと過激すぎるとも思われるコピーをつけてただけあり、その真髄はやっぱりコーナリングなんだなとサーキットに持ち込んで実感しました。

まぁホントにくるくるくるくるまわるバイクだなぁというのが当時の印象でした。
コーナリングに特化してるかとかその辺はネットで色んな方が書かれているのでもう割愛します。

で、

当時から自分で思ってた印象。

もうこれはずーっと思ってたんですが。


『フロント周り重くね?』

ご存知の方は多いと思うのですが、このGoose350という車両。フロントは倒立フォークなんぞついていまして、非常にフロント周りに違和感を感じていたのをが印象的でした。
倒立正立のメリットデメリットはまぁみなさん色々と思う事はあるでしょう。倒立はバネ下重量が~なんて話も効きますが、それで全体重量はどんなもんなんだい?と聞きたくなるくらい重い。
実際色んな細かい部品は違うでしょうがGoose250が乾燥重量139kg、350が146kg・・・
両車の大きな違いっていうとフロントが正立か倒立か・・・

まさかフロントフォークだけで6kgも差が出ないよね(汗)
(調べたらオイルクーラーとチェーンアジャスタの有無はあるみたい)

いくらバネ下バネ下といえども、それはいいとこ数百gの差であって。

サスペンション自体で数kg重くなるんだったらいらなくないでしょうか?

特にライトウェイトの車両であればそれは顕著に出てくると思うんだが・・・


あとはサスペンション自体の剛性という面で倒立が良いと思われる方がいるとは思うのですが、実際、当時最高スペックだったNSR250Rが正立フォークだったのにその半分くらいしか力の出ないGoose350の一体どこにそれだけの剛性が必要だったんだろうと疑問です。

個人的見解なのですが、『剛性を上げる』ということは、『その次の部品に力が多く掛かる』ということでもあると思うんですよ。剛性=変化しにくさ、ですから。単純に。

つまり倒立フォークで高剛性!とかやるってことはそれは次の部位、ステムやステムシャフト、それを介してネックまわりまでかかる力が大きく強くなるということでもあると考えています。しかも倒立のGoose350のステム径がNSR250Rよりもだいぶ細かった気がするんですが(この辺はまた調べておきます)



1991年当時といえばレプリカブーム最盛期ともいえる時代でした。

スペックでバイクが売れてた時代だと聞きます。

その当時だからこそカタログスペック的な意味でGoose350に倒立フォークが組まれたのかなと思ってしまうわけで、本当に必要だったのかというと、私的にはハッキリとNoなんですよね。


今の時代でもとりあえず高剛性!っていっとけばいいやな風潮はまだあると思うんですが、オートバイってそんな単純なものでもないと思うんですよ。測りきれない撓りや数字で表せない感覚って奴をもっと大事に考えて行きたいなとGooseを前にして思います。





次はGooseユーザーなら一度は疑問に思うリア周りのあの部分について書いてみようかと思います。
スポンサーサイト
00 : 29 : 02 | Technology&Material | page top↑

何となく照れたこと。

こんばんは、製造のショウジです。


先日家の近所の酒屋さんの前を通りがかったとき、店の前に一台のビューエルが止まってました。


「おお、XB12Rかぁ」となにげに見てみると・・・・・


キャリパーマウントボルトに妖しく輝くマジョーラブルーなボルトが!


それは間違いなくベータチタニウム製キャリパーマウントボルトでした。


誰だろう?と思い店内を見回したがそれらしい人物も見当たらず・・・・


とはいえ、普段サーキットやバイク屋さんで当社のボルトを装着しているバイクはあれど、

街中でふつーに付けられているバイクを見るのは初めてでして、

何だか、嬉しんだけど妙に照れてしまいました。


始めた頃はバイク屋さんでもまだほんの少しのお客様だけが使用していたボルトが

今ではふつーに街中で見られるというのはやっぱり嬉しいもんです。

これからも、「64チタンのボルトならベータチタニウムやで」といわれるような製品を

作って行きたいと思いました。

そして、これからは、「ネジのことならベータチタニウムやで」と言ってもらえるようなネジを

作っていきたいと思うのでした。


以上製造のショウジでした。
23 : 57 : 18 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

KW-EXSTD新製品ラインナップ!

KW-EXSTD.jpg

新製品ラインナップ!
カワサキ車汎用エキゾーストスタッドボルトType4-1 該当純正品番92004-1208
カワサキ車汎用エキゾーストスタッドボルトType4-2 該当純正品番92004-1209 

適合車種 91’~06’ ZEPHYR750
ZEPHYR750ではEXSTD-KW04-1(Type4-1)を4本と、EXSTD-KW04-2(Type4-2)
を4本の、計8本の組み合わせでご使用ください。
exstd-kw04.jpg




カワサキ車汎用エキゾーストスタッドボルトType5(M6、17×14)該当純正品番92004-049

適合車種 Z1、Z2(750RS)
※この製品はM6×P1.0のサイズとなります。

exstd-kw05.jpg



大変ご好評いただいておりますベータチタニウム製エキゾーストスタッドボルトシリーズに新製品が加わりました!今回のラインナップでは兼ねてからご要望の多かったZEPHYR750とZ1&Z2用の純正ボルトです。空冷四発の高熱量でもしっかりと機能を果たし、経年劣化にも非常に強いTAB6400エキゾーストスタッド!

大変長らくお待たせしました!



とりあえずこれで一通りのカワサキ車用は出揃ったかな?
引続き今度はスズキ、ホンダ、ヤマハ用も作っていきますので乞うご期待!
19 : 42 : 06 | Information | page top↑

螺旋の形をしたもの。

さて、今日のお題目。

螺旋の形をしたもの。



こないだ某所でご相談いただいた内容がありまして。

チタンのボルトで(うちのではない)アクスルピンチをいくら締めてもアクスルシャフトが回ってしまう。
これをベータチタニウムのボルトに変えてみたらちゃんと回らなくなるのか?


そんな案件。


アクスルピンチボルトって、オートバイの場合大体締め付けトルク22N・m(2.24kgf・m)前後なんですが、そのくらいで締めても一向にアクスルが収まらない。というかアクスルの受けの反対のナット側を締めると共回りしてしまうんですよ。なので締め付けトルクを10%くらいあげてみたんですが、変わらず。
正直締めてる感覚でスプリングバックがまったく効いていない。

で、

とりあえず抜いてみると。

転造っぽい加工後はあるけれども見事な切削螺旋。
(転造らしい切削螺旋はまた今度写真でも用意します)


単純に。

螺旋が螺旋の形をしてるだけで、締め付けトルクを発生できない。
つまりスプリングバックが生まれてなくて摩擦でしか止まってない。

もちろん切削でもスプリングバックが発生するようなものは作れるんですが、経験上チタンで切削螺旋というのは基本的にスプリングバックは出しにくいんですよね。そこをなんとかするのが螺旋屋の仕事なんですが、ぱっと見た目だけではわからない所です。もちろんM20等の大きいサイズの螺旋は自社で切削螺旋で作成することもありますが殆どはナット側も自社であわせて作るのが前提な場合が多いです(アクスルシャフト等)

螺旋って作るのは簡単なんですよ。
ぶっちゃけた話、中古で10万円くらいの安い汎用旋盤一台と刃物が2種類もあれば作れるんですよ。

形は。

でもね、螺旋の仕事をさせるために必要なのは形や寸法だけじゃなくて

理屈があるんですよ。

うちみたいな小さな工場でも社外に出せない技もあります。



折角の材料。
特にチタンは他の金属よりも材料費が高いのに。
仕事の出来ない作り方をしているのを見ると、ちょっと悲しくなりますね。



締めたときに『おっ』と思ってもらえるような螺旋。

うちは作っていかなきゃなぁと思いました。
21 : 47 : 32 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

新春陽極酸化祭り本日最終受付!!

sinsyun.jpg

と、いうわけで元日よりお送りしていました新春陽極酸化祭り。



本日15日24時までが最終受付となります!



ご検討中の方はおはやめにっ!
02 : 09 : 01 | Information | page top↑

お箸

こんばんは、製造の庄司です。

さて、今回はタイトルにあるとおりお箸の作り方を(64チタンですが)

まず、Φ10の丸材を220ミリの長さでカット。

これを二本用意して長さを合わせる。

そして、片方の端を六角に割る

お箸 001


これが持ち手の上部にあたるところになります。

そして、お箸の先端部の加工から始める訳ですが、一気に加工をすると流石に素材のビビリが酷すぎて加工できず。そこで分割加工に予定を変更する。

第一段階。

お箸 005


この時に先端部は掴みやすいように粗めに仕上げておく。

更に継ぎ足しての第二段階。

お箸 010

徐々にテーパー部が太くなっていきます。

第三段階。

お箸 011

テーパー部が終了し、平行部。そして、六角部に繋がります。

先端部を削り落として丸めます。

お箸 020

反対側にはボルト、ナット製造メーカーのこだわりとして、(洒落っ気ともいう)内六角を入れます。

お箸 022

で、最後に磨きあげて完成です。

お箸 017


以上がお箸の作り方でした。

今年も宜しくお願い致します。

製造の庄司でした。
17 : 50 : 26 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

材質に拘る

ちょっと遅くなりましたが

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。








年始のブログなので少々、気合を入れて書きますね。


時々ですが・・・・

私にしても・・・・・・・

松山にしても・・・・・・

庄司にしても・・・・・


「海外製のボルトが安い」

と耳にする事があります。


低価格というものは

どこかで製造原価を落とす必要があります。



材料費であったり・・・・・・



人件費であったり・・・・・・



となりますが




それはこちらの想像であって事実に基ずくものでありません。




我々がお客様に伝えるべきことは

如何に高品質であるかを伝え理解していただくことが重要だと考えています。






「なぜ?我々が国産の素材に拘るのか?」



チタンの素材を作る上で第一段階のルチル鉱石からチタンの素材を作る

精製が重要なポイントになります。

この精製の段階で不純物が混ざると後の溶解の段階では

不純物が一切抜けなくなります。

不純物である水素・炭素・窒素の除去は精製の技術が問われる重要な工程です。



世界的に見て

航空機関連で認定を受けている精製工場は日本・アメリカ・英国・ドイツ・フランス・ロシア・中国と

7カ国だけです。

その中でも日本の精製工場には東邦チタニウム・大阪チタニウムテクノロジーズと2社のみで

2社とも航空機関連の認定を受けています。

その2社で作られたチタン素材を溶解し添加元素を加え丸棒・板・パイプなどを作っているのが

神戸製鋼・大同特殊鋼・新日鉄などの製鋼メーカーになります。


よく聞く話で

「すぐに折れる」「耐久性が低い」というのは・・・・・・・



64合金と謳われている海外製品の中に

水素・炭素・窒素の含有量がJISで定める規定値以上に含まれている事によって

耐久性の低い64合金ボルトが存在しています。

実際、簡易測定器で調べるとアルミとバナジウムは規定値ですが

水素・炭素・窒素は測定できません。

水素・炭素・窒素を測定するには費用のかかる分析をしないと分からないので

仮に店頭に測定器を持ち込んでも、個人が簡単に判断できないというのが現状です。


こういった粗悪な材料があることは、チタンの業界では周知の事実でありますが

個人の方までは浸透していない知らない世界です。




そこで改めて社内で保存している材料分析表(ミルシート)を眺めていて感じたことに

水素・窒素・炭素の量が極めて低いことが伺えます。



数年前に発表された材料物質研究機構の論文に

















「国内の材料なら普通に飛行機に使えるじゃん!」







とは書いていませんが、




このような内容の文章が出ていました。








これはすべての規定値をクリアできても溶解炉の認定を受けていなかったりするもので

材料的には問題なく使えるというものです。








弊社が素材に拘る理由は

材料物質研究機構の論文にあったように


「国内の材料なら普通に飛行機に使えるじゃん!」



という材料を使用し、


すべてのボルトやナットを製造している事です。


弊社が協力させていただき2度SUZUKA8時間耐久レースで優勝した

ヨシムラジャパンのレース車両にも

皆様がお買いいただいている製品と全く同じものです。


これからも真面目に作っていきます。









テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

23 : 10 : 14 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

新春マツヤマです。

新年明けましておめでとうございます。

会社で電話を取ったら『なんでいるの?びっくりした!』と言われました。

今年も飛び回りますマツヤマです。



そりゃいますよ、自分の会社ですから。
まぁ夕方からまたしばらく長旅に出ますがそれはあまりお気になさらないようにお願いします。



さてさて新春一発目の開発日記。


何を書こうかなと・・・



一年の計は元旦にあり


という事で元旦にコタツの中でちょこちょこと色々な事を考えて手帳に書いていたので
今年の目標なんぞをつらつらと書いてみようかと。



まず私生活について(いきなり仕事関係ない)

①いい加減運動する。
 昨年末に昔しごいてた後輩に数年ぶりに合ってあまりに変わり果てた姿だと言われ。
 その翌週に肉体改造計画所という名のトレーニングメニューが送られてきました。
 後輩君は現役のアスリートなのですが、昔の恨みを晴らすかの如くの鬼メニュー。
 久々にランニング&筋トレでもしてみようかと思います。

②楽器を練習する。
 トランペットを2年前に知り合いから譲ってもらったんですが、
 忙しいと言い訳しながら放置していましたのでを練習しようかと。
 トランペットは音出しは特に問題ないので(管楽器は経験あり)
 運指を覚えれば行けるだろうとは思ってます。

んでもって仕事について。

①4月に大変更!
 まだ詳細は公表は出来ないのですが、4月にベータチタニウムはちょっと大きな変化が・・・
 しかしなにぶん初めての事でてんやわんやでドッキドキ。
 
②4月半ばに始動!
 Twitter等で今日もちょっと呟いてましたが、新しい企画を考えております。
 ただ、うちだけで出来るような案件では無いので色々な所で相談させてもらってます。
 ユーザーさん達には喜んでもらえるだろうけども簡単ではないだろうなと・・・
 業界仲間の皆様にはまたご相談させてもらいに伺いますのでよろしくお願いします。

③デモ車を造る!
 昨年末からスタートさせた開発日記の新カテゴリ『デモ車をつくろう
 内容がGoose350って発表してからお客様やメーカーさんから色んな
 お言葉を賜ってまして、期待していただける嬉しさを噛みしめながら
 色んな挑戦をしていければと考えております。
 今のところの予定では月半ばにはドッグ入りの予定。
 自分でもすごい楽しみな仕事です。

④四輪をがんばる。
 TIWNをはじめとした四輪部品、ちょっと開発が止まっていたのもあるので動かします。
 新製品というより、新しい規格製品をただいま随時開発中。つってももう図面も上がって
 試作もテストもある程度はメド付いてますのでこれは早めにお披露目出来ますね。
 さらに今年は競技の分野でも本腰入れます。
 ご協力頂く企業様も一社決まりましたので、それは来週のオートサロンでお披露目。
 って、うちでブース出すわけではありませんがお楽しみに。

⑤自転車もがんばる。
 昨年はDHで永田 隼也選手、ダブルコアさんと共にDHを主体に色々と開発してきました。
 今年は永田選手が世界も含めて挑戦をするということで昨年に引き続き開発を続けます。
 またやはりロードも少しづつではありますが開発が進んでおります。
 自分で実感したいという性分の会社なので最近自転車がプチブームのベータチタニウムです。

⑥当然ながらバイクもがんばる
 デモ車もそうですが、昨年販売開始したEXSTD。カワサキの一部車両のみの
 販売から始めましたが発売から年末のお問い合わせ内容の中で
 『この車種は無いの?』と本当に色々と御意見頂きました。
 TAB6400の特性を精いっぱい生かせる製品ですので、少しづつではありますが
 ラインナップを増やしていきたいと考えております。
 お問い合わせいただいた皆々様もう少々お待ち下さいませ。
 また当然その他製品。特にデモ車作成過程で様々な車種別製品もロールアウトします。
 当然それはGooseだけじゃなくご要望の多い車種は頑張って造っていきます。
 



結果。

2012年もベータチタニウムは頑張ります。


もうこれに尽きます。



そんなこんなで2012年、今年一年もベータチタニウムにお付き合い頂ければ幸いです。
16 : 50 : 36 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

2012 迎春

sinsyun.jpg


新春のお喜びを申し上げます。
ベータチタニウムでは昨年行いました陽極酸化祭。
予想を遥かに超えて大変御好評頂ましたので、本年も行わせていただきます。
1月1日から15日までにご注文いただきました全ての製品の
陽極酸化処理費用を無償でご提供させて頂きたいと思います。
2012年も皆様が艶やかにお過ごし出来るよう、
ベータチタニウム社員一同、心からお祈り申し上げます。


※なお、陽極酸化処理の再処理加工は通常受注となります。
  キャンペーンの無料対象は新規ご購入製品に対してのみとなります。
    また15日以降で陽極酸化処理が立て込み、陽極酸化処理品に関しましては
    通常時よりも出荷が遅れる場合がございます、ご了承くださいませ。

00 : 00 : 01 | Information | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。