スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ベータチタニウムの挑戦 MTBダウンヒルへ

ベータチタニウムは新たなる挑戦としてMTBダウンヒルの世界へ踏み込むことになりました。


今月17日に富士見パノラマで行われる
JCF/MTB ジャパンシリーズ富士見パノラマ大会 
DHI/XCO 9月17日(土)・18日(日)開催

この大会において
2009年、2010年4X(フォークロス)全日本チャンピオン
2010年ダウンヒル全日本準優勝  永田隼也選手のサポートを開始することとなりました。


junya2010-480x531.jpg

ダウンヒル/4Xライダー 永田隼也

幼少のころよりマウンテンバイクに親しみ、16歳でダウンヒル国内シリーズ戦Jシリーズの最高峰であるエリートクラスに当時最年少で昇格。2006年には海外チームに在籍し、ワールドカップを転戦した経験を持つ。現在は国内戦をメインに、海外レースにもスポットで参戦している。

永田隼也選手Official WebSite  junya-style.com



以前からベータチタニウムとして非常に強い興味を持っていた分野、自転車。
貴重なご縁から偉大なライダーと出会いました。

この縁を吉兆とし新たな世界へ踏み出します。


今まで螺旋屋として培った技術、モーターサイクルレースで積み重ねた実績
軽量化だけではないチタンの、TAB6400の可能性を探しに行こうと思います。

スポンサーサイト
18 : 14 : 38 | Information | page top↑

サイクリング

この近辺で特にきついヒルクライムに行ってきました。

表六甲ドライブウェイです。

RIMG0008_20110903150145.jpg

この三叉路は「高羽交差点」

この信号を過ぎれば丁字ヶ辻まで信号は2か所。

7.7kmで800mの標高差を登る事になります。

RIMG0009.jpg

六甲ケーブル下駅です。

RIMG0010.jpg

二つ目の信号の脇に標高を示す石碑がありました。

RIMG0011.jpg

ちょうど表六甲ドライブウェイ(あじさいロード)に入ってつづら折れになるコーナーの一つ目のところに湧水発見。



六甲山系は尾根付近に施設が多くあります。
湧水は場所によって下水の流入があるところもありますし
季節によってはフッ素が多く含まれる湧水のあります。

市が検査を行っていない湧水を飲む際は自己責任でお願いします。

・・・・・・と、言いつつもガブ飲みしました。(笑

RIMG0012_20110903150222.jpg

展望台です。

あと少しで丁字ヶ辻です。

丁字ヶ辻からは尾根伝いに東へ約8kmで六甲山頂に行く事が出来ます。

登り下りがありますが、これまでのヒルクライムに比べれば非常に楽です。

RIMG0013.jpg

尾根の道から少し北に入ったところに931m山頂があります。


最後に上った感想ですが、

足より腰が痛かったです。

でも、近くなので時々登ってみたいコースでした。






テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

16 : 33 : 20 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。