スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日本一周達成おめでとう!

こんにちは、木曜じゃないけれど、製造の庄司です。


八月のブログで紹介した「こぶたろう」こと神原史直さんがこの度ついに、ハンドサイクルでの
分割日本一周の旅を達成されました。

走行距離実に13370.1KM 凄い距離!

2007年の十月から始まった旅もこつこつと歩みを進めてついにここまできました。

先日その神原さんから「ゴール地点がJR尼崎駅北口の三角錐モニュメントなので
その前に立ち寄ってもいいですか?」と連絡がありました。

「もちろんOKです!」と答えて12月24日の会社訪問を楽しみに待っていました。

当日は快晴まさにゴール日和な天気でした。

神原さんは昼の二時過ぎにベータチタニウムにいらしゃいました。

s-庄司家 1069

s-庄司家 1070



しかも、荷物満載で・・・・尼崎在住なのに???

ご本人曰く「ゴールの時に荷物がないとなんか実感わかないかと思って・・・」となんとも神原さんらしいお答え。

実際に荷物満載のハンドサイクルに乗らせてもらいましたが、平地でもこんなに重いのに
それを足ではなく手で漕いで全国の山々を越えてきたなんて・・・・・
あらためてその凄さにただただ脱帽です。
しかも重い荷物のせいできつい上りでは前輪がうきあがり、下りではフルブレーキでもなかなか止まらなかったそうです。

s-庄司家 1067
(社長試乗中)

しばし、談笑しますが、やはり出会いのときの思い出に花が咲きました。

s-庄司家 1089

そして、休憩も終わり再びゴールへ向かうことに。
残りの数キロは伴走させてもらうことに。

s-庄司家 1090
(神原さんとラストランの応援に来られた大分県のタクマさんと)

一度ご実家に立ち寄ってからゴールのJR尼崎駅北口三角錐モニュメントに向かいます。
その道中神原さんはしきりに「終わってしまうんやなぁ、なんか実感わかないなぁ。」としみじみと言ってました。

残り一キロで神原さんと別れ、先回りしてゴール地点からのお迎えをさせてもらう。
ゴール地点には神原さんのゴールを祝うために北は東北から、南は九州まで、
そして、ご家族や、同僚の方々や旅仲間が沢山来られていました。

s-庄司家 1094


s-庄司家 1071

そしてついにゴール!

s-庄司家 1100

みんなが取り囲みその偉業を祝福します。

s-庄司家 1073
s-庄司家 1074

神原さん、本当におめでとう!そしてありがとうございました。

s-庄司家 1108
(祝福に集まった方々と)

僕は、この時あらためて物造りというものは製造で出来たときが完成ではなくて、受け取った人の
思いや目的が達成されて初めて完成といえるんだなと思いました。

そして、僕も気持ち新たに製造をがんばっていこうと思うのでした。


以上 製造の庄司でした。







スポンサーサイト
23 : 56 : 01 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

リンクボルトにTAB6400

CBRLBTKITbrog.jpg


と、いうわけで。

リンクボルトをキット化してみました。


まず第一弾はCBR100RR 08~

これはベータチタニウムがレースをお手伝いさせていただいている、KOHARA RACINGさんとの共同開発品になります。実は今回伊藤真一選手の引退記念としてCBR1000RR ケーヒン コハラ RT レプリカをKOHARA RACINGさんが発売したのですが、その際に本当に全日本RRを走った車両から何かフィードバックさせた新製品をということでKOHARA RACINGの監督の小原さんとベータのキウチ&マツヤマが思案を巡らせながら製品化となりました。


何故リンクボルトなのか?

ベータチタニウムの二輪専門部品というとアクスルシャフトやディスクローターボルトが浮かばれる方も多いと思いますが、実はベータチタニウムのレーシングサポートの物品の中に必ず入っているのがこのリアサスペンションリンクボルトなんです。


では何故いままで販売しなかったのかというと、耐久テスト的な意味合いが多かったです。

レースシーンで使用している形状と、市販マシンに使う形状。
純正品のボルトの耐久性とTAB6400製にした際の耐久性。


こればっかりは机上の空論では危険なのでレーシングマシン、そして協力企業の方々にお願いして結構色々な車種で公道、サーキット等でテストしてきました。

そして純正品を凌駕する耐久性と性能を両立できる基準を見出すことが出来たのでこのタイミングでの販売となりました(アクスルシャフトなんかも最初の一本目を作ってから製品化するまで2年くらいかかってるんですよ、実際)



で、

満を持して登場したこのリンクボルトキットの効果とはっ!!!!














次回までお待ちください。


今日はウェブのアップであっぷあっぷなマツヤマでした。
22 : 58 : 42 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

冬近し?

こんばんは、木曜の男製造の庄司です。

いやいや、いっきに冬到来ですね。今日は特に寒かったのでまたやってしまいました。

・・・・・・やきいも。トッピングにバター。ハイカロリーのオンパレードですな。

さてさて、ここまで、寒くなってしまうとさすがにスポーツライディングとしての
今シーズンは終了といったところですか。

てなわけで、先週走り納め&紅葉を見にちょっと走りに行ってきました。

久しぶりのビューエルはとても新鮮に感じて、改めてこのバイクの楽しさを感じられました。

丹波のほうに行ったんですが、すすきがとてもきれいでした。

庄司家 1063


やっぱり天気がいいと気持ちもうきうきしますね。


ちょっとしたツーリングでしたが、走り納めにはちょうどよい一日でした。

庄司家 1066





PS・でも、オフロードはまだまだこれからです!雪の積もった林道は楽しいぞ~。
23 : 44 : 22 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

tmセロー計画

こんにちは、木曜日の男製造の庄司です。

先日、ふとした会話からでてきたんですが、社長が、


社 「庄司、お前あのエンジンレスのtmどないすん?」

庄 「いや特に考えてないけど?何?」

社 「セローのエンジンあんねんけど乗っけたらおもろいぞ~」

庄、マツヤマ「それは、面白そうやな!とりあえずやってみようか」

      「で、完成したら、社長それでオフロードの耐久レースに出てや」

社 「・・・・・・・・・・え?」

庄、マツヤマ「はい、決定~!」

てなわけで、見切り発車のtmセロー計画発動です。

はたして、完成はするのか?社長は走るのか?そもそもエンジンは乗るのか?

気長にやっていこうと思います。


以上、製造の庄司でした。

PS・エイプリルフールだったらよかったのに・・・・・






12 : 34 : 30 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

RosePink

RP-web.jpg

ベータチタニウム製品の陽極酸化処理に新色登場。
待望の赤系統、RosePinkです。


陽極酸化処理では安定しにくい赤系統をTi-6Al-4Vで実現しました。
従来の陽極酸化処理と同様全てのベータチタニウムのTi-6Al-4V製部品全て従来価格(¥200/TAX別)にてご提供いたします。

まとめ撮mini
左から
IB(アイスブルー)RG(リーフグリン)WB(ウッドブラウン)DI(ダンデライオンイエロー)RP(ローズピンク)MB(マジョーラブルー)
14 : 53 : 39 | Information | page top↑

進化を止めない

DSC_6942.jpg

埼玉県にあるRealSpeedさん。


DSC_6946.jpg

スズキの油冷車を得意とするバイクショップさんです。




で、






色々と悪巧みご相談頂きまして。



この車種用で色々とやってみようという話がまとまり。

DSC_6994.jpg




って、骨組みだけではわかりませんね。


GSX-R.jpg

サイトから店主の愛車の写真を拝借。GSXR750RK


DSC_6950.jpg

とりあえずの一式です。


DSC_6981.jpg

んで、ステムのピンチボルトを


DSC_6982.jpg

変えてみたり



DSC_7002.jpg

アクスルのピンチボルトを


DSC_7004.jpg

変えてみたりして。


DSC_7019.jpg

本命のアクスルシャフトを変えてみる。



DSC_6965.jpg

Ti-6Al-4Vアクスルシャフト

今回せっかく新設で造る事となったRK用のフロントシャフト。


実は1本余分に作ってあります。






それをRealSpeedさんに置いてきました。





と、言う事で。

お試ししてみたいという方は、RealSpeedさんにお問い合わせをしてみましょう。

知らないまま終わるにはあまりにも惜しいと思います。

絶版車と呼ばれるすべての車種。

まだまだ進化の余地はありますよ。
00 : 00 : 47 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

副産物

毎度、木曜の男、製造の庄司です。

いやー、秋も深まってきましたね。だんだんと寒くなってきました。

会社の石油ストーブも活躍しはじめました。

で、

ただの暖房器具としてだけでは、エネルギーロスがもったいないので、ここは社員の
福利厚生にひとやくかってもらおうと思い、いそいそとスーパーへ。

で購入しました。

お芋。


コレをアルミホイルにつつんで
庄司家 1054

準備完了!
後は三時の休憩までにうまく焼けるかどうかです。
しかし、そんな心配は無用でした。
工場長が自分も食べるとわかったとたん鍋奉行ならぬ芋奉行に変身!

焼き具合を説明してもらいストーブの上であっちへコロコロこっちへコロコロ。


完璧なミッションコンプリートです。

で、三時の休憩時間。
庄司家 1055

できました。

庄司家 1056


気になる中身は・・・・・・


庄司家 1057

うーんナイスです!



アチアチとほうばります。

なんとなく秋空にかざしてみたり

庄司家 1059


なかなか楽しい三時のおやつでした。


PS、これに味を占めて海鮮系に手を出したら暴走モード突入です。


ちなみに、


庄司家 1060


じゃがいもも焼きました。
00 : 15 : 53 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。