プチツーリングに行ってきました。

こんにちは、木曜の男。製造の庄司です。

秋です!バイクシーズン到来です!ツナギを着ても暑くない季節になりましたね。
早速土曜日にプチツーリングに行ってきました。

朝5時半に自宅を出て一路310号線を南下。金剛山を抜けて奈良へ。
そこから京奈和道を橋本まで移動してさらに世界遺産の高野山へ371号線を上っていく。
このあたりで一気に標高が上がって行くので、涼しいを通り越して肌寒くすら感じる。
丁度着いた頃に朝のお勤めが終わったお坊さんたちがいっぱいいてました。

ここで、朝食を兼ねてコーヒーブレイクをする。もうホット缶コーヒーがたくさん売っている。
ついでにガソリン給油をしてここからがハイライトの龍神スカイラインです。
が、前日までの風雨で道路に木や葉っぱが散らばっているので慎重に走る。
途中鶴姫ドライブインで寒いので缶コーヒーを買おうとするが、自販機がない。
休憩しているライダーさんに聞くと護摩壇山までないよ。とのこと。仕方ないので頑張って護摩壇山を目指す。
このあたりから道もきれいになってきたので、しっかりとワインディングロードを楽しむ。

護摩壇山に着くと既に何台かのライダーさんが休憩してました。
軽く会釈をして後半の下り区間へ向かう。
こちらは、前半のコーナーに比べてタイトなリズムセクションで、切り返しを楽しみながら走る。
そして昔の料金所をこえた辺りから川沿いに沿ったコーナーが続く。
そして、暫く行くと、道の駅龍神にたどりつく。ここでタイヤの端っこの確認。一人にんまり。

ここから白浜に抜けるか、南部、有田に抜けるか悩むが、今回はプチとゆうこともあり有田ルートから阪和自動車道に乗るルートを取る。この区間は川やダム沿いの景色が綺麗なのだが、紅葉には早すぎた。
次にまた来ようと思う区間でした。
そして有田から高速に乗り昼過ぎに帰ってきました。
トータル300キロのツーリングでした。

これからも寒くなるまでに色んな所を走りにいきたいですね。

以上、椅子に座ってハングオンのイメトレをする庄司でした。




スポンサーサイト
18 : 56 : 14 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

チャリンコ日記

今日は実際にチタン合金に交換した場所の紹介です。



○ 当然の事ですが・・・・・在庫品で賄えるボルト。


○ シートピラー部の段付きボルト・・・M7×1.0?

続きを読む

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

23 : 44 : 34 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

チャリンコ日記

あれこれ考えている間に

時間だけが過ぎてしまいました。


「こんなところまで・・・」というほどチタン合金がついています。


次回はマニアックなところを紹介します。


では・・・・!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

23 : 59 : 38 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

新色 ウラ話

タニグチです。

今日は敬老の日で休みなのですが、先週すっ飛ばしてしまったので、更新します。


いやぁ、ようやく陽極酸化処理の新色を発表することができました。

以前「かいはつにっき」で、私自身が陽極酸化処理を修行中と書きました。
実は、この新色のために悪戦苦闘を強いられておりまして…。

チタンの陽極酸化処理の色は、表面に形成される酸化皮膜の厚さによって変化するのですが、その皮膜厚をコントロールするのがとても難しい。
(私の過去の記事の、こここのあたりをご参照ください)

最終的に電気化学的な処理で皮膜厚をコントロールするのですが、そのための学術的な資料は比較的簡単に調べることができました。
インターネットのチカラは凄いものです。

ですが、その資料というのはすべて「純チタン」に対しての資料であって、「チタン合金」のことには一切触れられておりません。

チタン以外のものが混ざっていると電気的な抵抗値等が変わってしまい、資料に記載されていた数値通りの色になりませんでした。

過去に何度もご説明させて頂いているように、弊社の製品で使用しているチタン合金「Ti-6Al-4V」には6%のアルミと4%のバナジウムが含まれております。
この2つの物質が混ざっている合金だからこそ、高強度を初めとする様々な機械的性能の優位性が確立されているのです。

が、この2つの物質、陽極酸化処理においては

単なる不純物でしかないのです。

困ったものです。

結局、目標の色を表現するために試行錯誤の繰り返し、となってしまいました。

予想以上に時間がかかってしまいましたが、もう大丈夫です。
お任せください。

皆様のオートバイに合わせて「カラー コーディネート」も可能になったのではないでしょうか。
2010.jpg

Ti-6Al-4Vボルトの新色、ぜひご賞味くださいませ。
17 : 22 : 27 | 未分類 | page top↑

京都モーターサイクルショー二日目!

今日もいい天気に恵まれました。二日目の京都モーターサイクルショー!



画像 0071


その中で試乗会があったり、

0141.jpg

ジャンケン大会があったり、

画像 0171

用品ブースが軒を並べ

画像 0091

暑い中二日間でおよそ2700人の人がご来場下さいました。

その中昨日に引き続きベータチタニウムも出店させていただきました。

画像 0181

こんなに天気がいいと、新陽極酸化の色もいっそう際立ちます

画像 0191

暑い中ご来場くださったみなさん。本当にありがとうございました。
21 : 05 : 56 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

京都モーターサイクルショー一日目終了!!

DSC_5514.jpg

本日は最高のお天気でした!!!




DSC_5507.jpg

新陽極酸化処理も綺麗に出て良い感じ!!!






DSC_5508.jpg


グリップナットは実際に回して体感していただけるようにサンプルもご用意して
実際に回していただいたんですがコチラも大変ご好評いただきました♪


明日もお待ちしておりまっす!!
18 : 13 : 42 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

更新更新また更新

先週さりげなく日記更新をサボってたマツヤマです、おはようございます。

陽極酸化処理の新色なんですが、発表後に予想以上の反響をいただきまして
発表してからは新色の注文分の作業やらWebの更新で結構ドタバタとしております。

で、

その更新なんですが、

βTitaniumWebsiteは陽極酸化の発表に合わせて色々と更新したんですよ。

で、

online shopの方なんですけど、

やめときゃいいのに思うとこありまして完全にイメージリニューアルしてみました。


更新作業を始めて正直やめときゃよかったなんて若干の後悔を感じながらやってみました。


リニューアルしたonline shop



これからの季節感無視の爽やかです(笑)




webshop2.jpg

新色は結構色目が派手だなーというご意見もいただいては居るんですが、
これが装着してみるとまた全然違った印象を与えてくれます。

またちょっと装着例を写真に撮ってきますので、そちらもお楽しみに。
09 : 37 : 22 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑

京都モーターサイクルショー2010

8B9E93s8382815B835E815B83T83C83N838B83V8387815B.jpg


9月18/19日に京都ニュードライバー教習所(京都市南区吉祥院向田西町112番地)にて行われる、レオタニモト様主催の京都モーターサイクルショーに製品展示で出展致します。

今回は先月発売のG-Nut、そして昨日発表の新色の陽極酸化処理の色見本を展示致します。
2010.jpg   Ti-GripNut1.jpg

陽極酸化は実際に新色4色を複数展示、色味の違いをご確認していただき
G-Nutはボルトと合わせて回り止め効果を体感していただけます。

また、従来の展示と同様に各種二輪専用部品とベータチタニウム標準製品もあわせて展示致しますのでご来場の際は是非弊社ブースまでおこし下さいませ。



11 : 00 : 24 | Information | page top↑

Announced a new color!!

まとめ撮mini




陽極酸化処理に待望の新色登場。



Dandelion Yellow ( DY )のコピー

柔らかく力強い【Dandelion Yellow ダンデライオンイエロー】
 


Ice Blue (IB)のコピー

淡く冷たい【Ice Blue アイスブルー】 



Leaf Green ( LG )

優しくも鮮やかな【Leaf Green リーフグリーン】




Wood Brown (WB)のコピー

渋味と深みの【Wood Brown ウッドブラウン】




Maggiora Blue ( MB )

定番の【Maggiora Blue マジョーラブルー】




RP-web.jpg

そして新色の【RosePink ローズピンク】



従来のマジョーラブルー1色から新色6色からお選び頂けます。
価格も従来通り¥200/本(TAX別)と据え置きでのご提供させて頂きます。
(シャフト等の特注品除く)

さらに今までお買い上げいただいていた製品をお送りいただければ洗浄、脱色作業を行い陽極酸化処理のみでも再陽極酸化処理をかけることが出来ます。今までお持ちの製品も装い新たに生まれ変わることも可能です。その際に洗浄、脱色の工程が入りますので再発色作業は¥300/本(TAX別)とさせて頂きます。
再発色作業をご希望の方はinfo@b-titanium.comまでご連絡下さい。


※陽極酸化処理は作業工程の特性上、気温湿度によって少なからず影響が出ます。
 ロットによって多少の色見の違いが出る場合が御座いますのでご了承下さいませ。
20 : 18 : 58 | Information | page top↑

チャリンコ日記

チャリンコのボルトという事で、数年前にはお客様から教えられて

製作・販売を検討してみたりもしましたが、



その時はチャリンコにチタン合金ボルトの必要性を感じませんでした。


しかし、今は「必要でしょ!!」って思いますよ。
続きを読む

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

23 : 01 : 12 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

久しぶりのレース!

毎度こんばんは、木曜日の男製造の庄司です。

台風一過の晴天。とても涼しい朝にやっと秋の気配を感じてきました。

そろそろ、バイクシーズン到来ですね。

庄司も今週末レースに出てきます。いつもはスタッフ側なんでエントラントとしては、
パンゲア以来の二年ぶりになります。

で、どんなレースかとゆうと、耐久レースです。

時間は12時間です。

しかも・・・・・・・・



夜です。


そう、12時間耐久ミッドナイトレースに出てきます!


とはいえ、勝ちに行くのが目的のレースではなく、みんなでワイワイやろうぜ!
そして、みんなでゴールの朝日を迎えようぜ!的なノリのレースです。

でも、そうだとしても、ゴールの感動はレースが長ければ長いほど、グッとくるものがあります。
特に、ゴールを迎えるラストライダーは、チェッカーの向こうで列を作って「おかえり!」「おつかれ!」と
迎えてくれる仲間や家族やスタッフ、そしてギャラリーの人たちに、
自然と笑顔になりハイタッチをしたりします。

そんな、感動を味わいにちょっと行ってきますね。


PS,その前にラーメンナイトランがあるかも・・・・・ドスコイ!な庄司でした。




20 : 40 : 32 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

チャリンコ日記

久しぶりにチャリンコに乗ることになった訳ですが・・・



チタン合金フレームのMTBです。(後で注釈を入れておきます。)




籠にしか乗ったことが人が初めて新幹線に乗るような感じでしょうか?



-------注釈の後にお知らせを追加しています。-----------



続きを読む

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

22 : 19 : 42 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

シャフトの形状?

アッと言う間に一週間が過ぎました。

タニグチです。

先週の予告通り、アクスルシャフトの形状について、です。

通常、シャフトは図1の様な形をしております。

シャフト1
                         図1

片側からサスペンション、ホイールを通して、ネジ部をナットで止めるタイプです。
(ボルトで止めるタイプもあります)

単純でありながら、非常に理にかなった形状だと思います。
1本の「軸」を両端でしっかりと掴む。
「軸」としての性能を一番発揮出来る形状ではないでしょうか。

しかし中には図2のようなシャフトもあります。

シャフト2
                         図2

メインのシャフトとカラーナットでサスペンション、ホイールを挟みこむ様な形状になります。

断面はこのようになっております。

シャフト2断面
                         図3

サスペンション部の太さを稼いで強度を上げる、などのメリットが有るらしいのですが、今ひとつ説得力にかける上に、「軸」をネジで継ぐという構造に疑問を感じます。

事実、最近のバイクでこの形状を採用しているものは無かったと記憶しています。

アクスルシャフトは走行中、常に強い力を受けるパーツです。
このような状態では、ネジ部にも強い力がかかり、遊びが発生し歪みの原因になるものと考えられるます。
ネジ長さや、材質にもよるところが有ると思うので、一概には言えませんが…。

では、このようなタイプで確実に更なる強度を得るためにはどうすれば良いか。

はい、ここからは弊社の商品のPRです。

まずは、図4をご覧ください。

シャフト強化
                         図4

ビシッと一本、端から端まで、シャフトを通してやります。
が、このままではカラーナット部の太さが足りません。

そこで、シャフトそのものを包み込むようにカラーを用意しました。(図4グレー部)

このカラーは切り込みが入っており、取り付け時にピンチボルトを締めこんでいくと一緒に締まっていき、シャフトを確実にホールドします。

これで「継ぎシャフト」ではなくなり、強度が上がるというわけです。

以上、弊社「TAB6400アクスルシャフト 強化タイプ」の宣伝でした。


最近、ネタが無くなってきた タニグチでした。
23 : 26 : 42 | 未分類 | page top↑

消えて欲しいヤツ

こんばんは、毎度木曜日の男、製造の庄司です。

冒頭のタイトルは穏やかな言葉ではないんですが、本当に消えて欲しい、
消してやりたいヤツがいるんです。
ゴルゴ13に依頼する用に上手い人に頼めば、簡単に事はすむのですが、
これだけは、何としても自分で消し去りたい!

ヤツはいつも微笑んでいる。

ヤツはいつも手を振っている。

ヤツはいつもまっしろだ。

そんなヤツとはいったい誰か?

・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・


これ。
CA3E0014.jpg


そう。ミシュランのビバンダム君。

まるで、タイヤメーカーがここまで使ってみろ!と言わんばかりのギリギリにあるマーク。

まだ僕は、彼の頭を、サラッと撫でただけです。


次の走行会までには消してやりたいです。

19 : 42 : 22 | 螺旋屋徒然-ショウジ | page top↑

先延ばし日記

ただいまようやく落ち着きました。

明日書きます。

今日は寝かせてくださいorz







DSC_5074.jpg

ちょこっと先出し。


お楽しみにっ!!
23 : 47 : 11 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: