やっちまったい!!

コメント欄を全く見ていませんでした(汗)

いまからお返事させていただきますー!!
スポンサーサイト
10 : 37 : 29 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

たかがナットと侮るべからず


ベータチタニウムの送り出す製品にとって一番大事なのは“繋ぐ”という事
ボルトナットという締結部品を製造する上で、最も当り前で最も重要な項目
そしてこのTi-6Al-4Vチタン合金ホイールナットに関してはそれを踏まえた上で
もう一つ重要な役割を与え、実現させる事が可能になりました。

それは“力の整流”という事

基本的にタイヤとホイールというものは走行中には真円を保てずに楕円になっている事はご存知でしょうか?
これは車重という負荷が上から常に掛かり、更に回転エネルギーをも常に受けているのでその力を随時たわませる為に楕円になっています。
楕円にせずに真円を維持しようとすると、どうしても硬くなってしまい、ホイール自体が割れやすくなったり、路面からの衝撃でピッチングが強くなったりします。
なので、あえてたわませて力を楕円に逃がしているのです。
基本的に渦状態に外周円に近い箇所ほど多くたわみ、内部に近くなるほど小さくなります。
このときに内部に近くなると確かに小さくはなるのですが、楕円が消えてしまうわけではありません。
最終的にホイールがハブに伝わる時にもその楕円が残っていて、ホイールとハブの密着性を低下させているのです。

ベータチタニウムではこの密着性を維持出来るように、従来の製品よりも高い剛性と精度を実現させました。これによりハブに伝わる力が真円に近くなり、力の流れを整える事が可能となります。
さらにTi-6Al-4Vチタン合金の持つ振動吸収性をバランスよく取り込んだ設計において驚くべきロードノイズの低減も可能としました。
もちろん重量でも従来の製品をはるかに下回る10gという軽さを実現。

力が整流化されることにより実現出来るハンドリングレスポンス、
ホイールをハブの密着性の向上による加速減速のリニア感
そして振動吸収性による車内の静粛感の向上

コピー ~ _DSC6066


アナタの愛車を一つ上のクラスの車に生まれ変わらせる事が出来ます。
13 : 43 : 59 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

環境問題

最近、環境問題がクローズアップされてきています。

企業においては ISO14001(環境マネジメントシステム)を取り入れるところも多く

社内においてもISO14001は必要かどうかと話題になることもあります。

ただ、ベータチタニウムにとって第一に考え、気を配らなければならないことは

「お客様の安全と健康を損なわない事。」

この一言に尽きます。

ココから先は苦情が来そうですが、ムズカシクなります。
続きを読む
17 : 39 : 29 | 螺旋屋徒然-社長ブログ | page top↑

夏期休暇のお知らせ

㈱ベータチタニウム
2008年夏季休暇期間のお知らせ。

拝啓

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて弊社では夏季休暇を下記の通り実施させて頂きます。
ご繁忙の折、ご迷惑をお掛けすることと存じますが、
何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

敬具



夏季休暇   8月14日(木)~8月17日(日)






っと、なります。

お盆にバイクや車をカスタムしようとしているそこのアナタ!!


お早めにご注文のほど宜しくお願い致します♪





ちなみにマツヤマは17日からしばらく旅に出る予定でございます。

13 : 27 : 53 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

着々と開発中!!

コレ






当初の予定よりも大幅に多種多様になってしまっておりますね。

基本的に

テーパーM12P1.25
テーパーM12P1.5
ラウンドM12P1.5
スリーブM12P1.5

で国産車種のほとんどすべては網羅出来そうです。

しかし、これ全てにロングとかセミロングとかをプラスしていくと…



頭が痛いですね。



でも、万人が体感できるレーシングパーツではないTi-6Al-4Vの素晴らしさを広めたいのでがんばりまっす!!


なんとか今月内には全てのラインナップをご紹介出来るようにしたいと思います。
14 : 29 : 08 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

何処かで誰かの雄叫びが聞こえた

                CACTV7Z4.jpg


別注でならやりますって

バンジョーボルト
13 : 53 : 03 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

2008.suzuka8h マツヤマのあとがき

2008年スズカ8時間耐久ロードレース
 

昨年に引き続き鈴鹿でお仕事をさせていただけることになり、先月は通常業務以外にサポートチームのマシン作成のお手伝いやらMOTOMAXの出展準備にとドタバタとしておりました。
去年一度やっているということもあり、マツヤマ自身もある程度の余裕は生まれましたが、やはりそこは鈴鹿八耐
実際に自分がレースに出るわけでもピット作業をするでもないのですが、日が近づくにつれ妙な緊張感を感じていました。

続きを読む
13 : 30 : 51 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: