スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

悩み中

う~ん

←のカテゴリ欄を見るとほとんど【マツヤマの独り言】で構成されていますな…


もっと色々と製品の事なんかを書いていきたいとは思うのですが、なかなかいろいろと難しい今日この頃です。



さて、変な愚痴は置いておいて、この開発日記をご覧の皆様にちょいと御伺いをしたいことがあります。



現在ベータチタニウムでは既製品、モトパーツの両方はTi-6Al-4Vで作成していまして、その製品のほとんどは二輪のお客様だとディスクローターボルトやキャリパーマウントボルト、各種ピンチボルト等の高負荷のかかる個所に使用していただいています。


これは制作側としてはとてもうれしいことなのですね☆








ベータチタニウムの製品をご愛顧いただいているお客様に最近よく言われるのが、

『ナンバープレートのボルトに使うのはどれがいいんですか?』




通常Ti-6Al-4Vでナンバープレートを止めるのは必要ないので、化粧ボルトなら他社のアルミもありますよとお伝えするのですが、『ベータチタニウムのボルトが良い』と言ってくださるお客様が多数いらっしゃいまして(ほんとにありがたいお話です)それで高価なTi-6Al-4Vのボルトをお買い上げいただいています。

しかし、効果効能の無い箇所にTi-6Al-4Vだとお客様に申し訳ないなと

なので純チタンの切削ネジで化粧ボルトを作ってみようかなと思うんですがいかがでしょう?

純チタンの切削ネジということは、負荷の大きな個所には全く使用できませんが、ナンバープレートを装着するくらいなら余裕で耐えれるものにしようかなと思います。


デザインは今から考えようと思うのですがいかがでしょうか?


『ベータチタニウムはTi-6Al-4Vだけでいいよ!!』
『あったら欲しいかも』


等々皆様からのご意見頂戴したく思います。
スポンサーサイト
14 : 14 : 37 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

TITC

ベータチタニウム既製品のご紹介第二弾

前回のTISCの発展形となるこちらのヘッド


TITC


_DSC6087.jpg



読み方は
『てぃーあいてぃーしー』

英字の意味合いはTI=チタン(ベータチタニウムではチタン=Ti-6Al-4V

TC=テーパーキャップ

つまりTi-6Al-4Vの角度のついた頭のボルトという意味です。

Ti-6Al-4V鍛造材を使用


ストレートキャップよりも肉を落とすことにより、頭部~胴部~螺旋部まで全体の重量バランスがよく、軽量なモデルに仕上げてあります。


当然、質量を減らしていることにより、ベータチタニウム製のTISC(ストレートキャップ)より強度は落ちますが、通常のオートバイや車の純正品に使用されているストレートキャップよりは、強度、剛性ともにはるかに高くなっておりますので安心してお使いいただけます。



シンプルながら見た目の形状では最も無駄がなく、ある意味究極の機能美を体感していただけます。
14 : 13 : 45 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

もたーど始めました。

現在絶賛発売中のモトライダーフォース誌でベータチタニウム製品のテストをしていただいております。


テスト車両はヤマハのWR250X

wr250x-1.jpg


現在発売している号では、各種ボルトはTi-6Al-4V陽極酸化処理について詳しく書かれています。


そして、次回発売号かその次くらいには(よくわかってない)この製品のテスト記事が!?!?

080415_1556~0001

試作型アクスルシャフト



はたしてモタードのようにストローク長の長いフロントフォークではいったいどのような効果を発揮するのでしょうか?
普通のロードバイクとの差異が非常に気になるところですね。


ちなみに今回の試作品は、モトライダーフォース編集部からの依頼で
080415_1557~0001


12ポイントヘッドで作成しております。




さぁ、楽しみだ♪
15 : 48 : 49 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

try and error

みなさんこんにちは。

某所某雑誌でベータチタニウムの営業 と言われているマツヤマです。



一応ですね、

肩書きとしては技術開発なのですよ(必死)





まぁ、完全否定出来ないのですが…


で、そんな技術開発なマツヤマの最近のメインのお仕事なのですが、モーターサイクルショーやカタログ作成も終わったということで、とある製品のテストと実験に明け暮れております。

それは直接的にバイクや車と関係のない工業製品なんですが、分野が違うと見解や基本理念等も多少違いがあるんですよね。

たとえばネジ一本に対しての考え方や見方で、『こんな使い方やこんな発想があるんだ』と驚くことも多々あります。



そんな驚きってよくよく考えるとバイクや車に転用出来るものも多いんですよ。

ただ、計量化のパーツとしか見られていなかったチタンボルト
ただ、ファッションパーツとしか見られていなかったチタンボルト

でも、


本当の実力ってもっともっと違うところにあったんだなと最近特に思います。



もっともっと色々な世界で勉強して、
もっともっと効果的なボルトの使い方を考えて行きたいと思います。











技術開発の名に恥じないように(笑)
11 : 35 : 30 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

装着してみると

かっちょよくないですか?

モーターサイクルショウのヨシムラさんのブースで展示しいただいていたB-Kingの足回り。


陽極酸化って思ったより装着してみるとシブいと思うのんですよね~



っと、大きい画像で見ていただきたいので続きを読むをクリックしてください。


続きを読む
16 : 45 : 36 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

だいぶ間隔があいちゃいました(汗)

すみません

ブログ更新サボってました(汗)



とりあえず本日から再開します(滝汗)





んでもっていきなりですがゴメンナサイ


前回書いた中空の記事なのですが、一度下げさせてもらいます。

なんだか読み返すと、だいぶ意味がわからない事になってまして(ナイアガラ汗)


もうちょいと自分の中でキチンと説明出来るように整理してからアップします。






と、いうわけで4月も数日過ぎてしまいましたが、改めて開発日記をスタートさせてみようかと思います。



まずは、先日の東京モーターサイクルショーなのですが、今年も大変盛況でした。
会場では多くの方にベータチタニウム製品をアピール出来たのではないかと思います。


また、多数の方にお声を掛けていただきました。


ほとんどの方が

『ブログ楽しみにしてます』

だったのはうれしくもあり申し訳なくもありました(再び汗)




とりあえずですね、


復帰一発目はこんな感じで…



ダメですかね??






明日からのマツヤマにご期待ください(笑)
10 : 25 : 24 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。