質問にお答えさせていただきますよ2

さて、最近すっかり会社に居ない技術開発のマツヤマです(笑)

本日もお答えしますよ第二弾をお送りしたいと思います。


数が多いので前回よりはちゃっちゃとお答えしたいと思います。




【ステアリングダンパーインナーロッド(アウターもできるなら)】

えーっと作成は可能です。
メリットはステアリングダンパーの捩れに対しては強そうなので動きは高負荷の状態では動きがよくなるかもしれません。


が、予想効果を見越してもあまりに費用対効果が悪いかと思います。


【シフトリンクロッド】

これは今現在主流で使われているアルミニウム径の合金の方が軽くてよさそうです。
Ti-6Al-4Vで考えられるデメリットは強すぎる為に転等した場合シフト周りをごっそりと破損させてしまう恐れが強くてオススメ出来ません。


【フロントフォークインナーパイプ】

基本的にサスペンションというのは各メーカーの特許の塊なのでおいそれと形状を真似する事は出来ません。
ですがもし作った場合アウターのカートリッジの精度も関係してきますが恐らく軽量で高剛性なものが出来るのではないかと予測します。
大きな問題はインナーパイプは最後研磨で仕上げなければならないのでTi-6Al-4Vの研磨肌をどれだけ精度を保ったまま表面硬度を上げれるかがネックになりそうです。


【ハンドル(パイプハンドル含む)】
【ブレーキ&クラッチレバー】


アルミの方が軽くて安いです。
剛性は要らないのではと思います。


【ブレーキフルードタンク】

プラの方が(以下略)
熱膨張の関係が多少あるかもしれませんが人間が体感できるレベルのものでは無いかと思います。


【ブレーキキャリパーボディ(総削り)】 

これはTi-6Al-4Vのメリットが非常に体感できると考えます。
まず小型化出来る(肉薄にも)のでジュラルミン系よりも軽く出来るかもしれません。更に高い剛性で熱変形の割合が低いTi-6Al-4Vならブレーキタッチの状態維持にも役立ちそうです。
更に更に肉薄で作ることが出来れば単体の冷却性能に特化した形状も出来るかもしれません。

ただ作成する際にはピストンはTi-6Al-4Vで作らないと意味が無いのではと考えます。

問題はコストと精度管理ですね(正直考えたくも無い…)


【ハブ(スポークホイール車・ディスクブレーキ)】

ハブに関しては現在調査中ですので暫くご回答はお待ちくださいませ。


【サスペンション減衰圧調整ネジ】
【フロントフォークプリロードアジャスター】


アルミで何かご不満がありますか(涙)


【リアサスペンションスプリングナット(削り)】

う~ん…

効果はあるのだろうか??

ちょっと考えさせてください…



【スウィングアーム】

キャリパーの答えと正反対の事になるかもしれませんがTi-6Al-4Vの最大の効果は決められた形状で最大の剛性を出しつつ計量化にも貢献出来る事なのです。

スイングアームのように幅広く設計できるものでは単純に比重の軽いアルミニウムで作成して形状で剛性を出す方が効果は高いと思います。



以上でよろしいでしょうか??

また何かありましたら少しずつお願いします。

さて次回はDさんのご質問にお答えしたいと思います。
スポンサーサイト
22 : 27 : 24 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

昨日の記事でお題頂きました

昨日書いた記事のコメント欄にゲストさんからコメントを頂きましたのでお返事させていただこうと思います。



ブレーキパットのベース
ステムシャフト
ブレーキピストン
など素材的に向いているような気がしますが?





まずはブレーキパッドのベースについて。

これは恐らく効果は高いと思います。
実際に以前ちょこっと考えてみたのですが、比重、耐熱性、耐腐食性、剛性とTi-6Al-4Vの特性を考えれば向いているのでは?
と思ったんですが…


コストの面で断念いたしました。

何故コスト面で断念せざるを得なかったかというとTi-6Al-4Vのチタン合金の国産材料は基本的に丸材しかありません
(海外製の板物や特注の板はあるみたいですが)

ということはパッドのベースである箇所を作成しようとすると大きな丸材を薄く板材に加工しなければなりません。
(φ60mmクラスの材料、因みにベータチタニウム規格品の最大外形φ19mmです)

と、なると一番コストの掛かる材料費がまずとんでもない事になります。

実現できれば面白いのですが流石に自社単独でそのサイズの材料を購入して実験となるとリスクが高すぎて断念しました。
(基本的に材料は2mからですので)

これから先に材料の問題が済めば実現してみたい一品です。





続いてステムシャフトですがこれは製作事例はいくつかあります。

しかしながら確実に効果が得られるかというと疑問が残ります。

何故なら、ステムシャフトは路面から伝わってきた力を車体に伝える役割が強く、下手に剛性を上げすぎると車体の動きが悪い方に伝わる可能性もあるからです。

アクスルシャフトや、ステムの割締めをTi-6Al-4V化するとその入力点までの力の整流が顕著に現れるので良いのですが、車体との繋がりに関してはある程度の剛性のバランスが必要になってきます。

ただ、こればっかりは変えてみないとどのようになるかは実際に実例が少ないのでキチンと判断しきれていないので剛性が上がった場合のメリットもある場合がありますのでもう少し実験を重ねてみたいと思います。


そして最後のブレーキピストンですが、これは既にブレンボ社の製品でチタン化は実用化しております。
(たしかTi-6Al-4V使用です)

ベータチタニウムでも実際に作成事例もあります。

効果は、既存のピストンから変更するとまずバネ下の軽量化としての効果もあるのですが、最大の効果は熱による変形が少ないため、長時間の連続使用に対してのブレーキッタッチの変化量の減少が認められました。
タッチも「カチッ」としたものになります。

ただ、キャリパー側との公差や精度管理がシビアな為、製造コストが多少高めですが製作は現実的な価格で受け賜っています。



以上でお答えにはなっているでしょうか?

また何かありましたらジャンジャン質問してみてください☆
17 : 59 : 03 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ちょっとお久しぶりになっちゃいましたね

さて、三連休×二週連続も終わりましてみなさんいかがお過ごしですか?

マツヤマは今週のお休み(1.5連休)は惰眠をむさぼっておりました。


ってそんなことはどーでも良いですね…


さて、最近ここのブログも喜ばしい事に定期的に読んでいただいている方が増えてまいりまして書いているマツヤマとしてもうれしいかぎりでゴザイマス。


ブログを始めてはや半年が経とうとしております。

そこでネタが切れてきた為皆さんにどんな事が知りたいですか?

っとあえて投げかけてみたいと思います。


チタン合金Ti-6Al-4Vの性質や用途を書いた記事から完全にマツヤマの趣味に走った記事、または製品について色々と書いてきましたが

このブログを読んでくださっている方々にあえてきいてみたい


何か知りたい事はありますか?


今回の記事のコメント欄で結構ですのでなにかマツヤマで答えられそうな疑問が御座いましたら書いちゃってください。


これで一件も無かったらちょっと裏行って泣いてきます

ガン○ムの装甲はわかったからイ○オンはどーなのよ?
とか
実際チタン合金で使っちゃマズイとこはどこなのよ?
とか
マツヤマは実際どーなのよ?

とか


お答えできる範囲で色々書いちゃいますよ~
だから誰かネタ下さい


みなさまからの御質問をドシドシお待ちしております☆
18 : 00 : 03 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

製品に関する重要なお知らせ

お知らせです。

ベータチタニウム製Buellレオオリジナルパーツ

チタン合金フロントローターボルトを改善回収交換させていただくことにしました。

改善回収交換に至った経緯は下記の通りです。

BuellXBシリーズ用チタン合金フロントディスクローターボルトを装着した場合、当社規定の寸法公差とホイール、ローター、ラトルの磨耗変形の予測許容差との差異が確認され一部車両のブレーキディスクのフローティング量の減少が確認されました。
フローティング量の減少によりボルトに掛かる負荷が増加し、ボルト頭部に掛かる力量が弊社基準値を超え、純正品よりも耐久性で劣る車両が出てくる可能性が認められました。

上記の理由により、現在ご使用いただいているBuellXBシリーズ用チタン合金フロントディスクローターボルトを無償にて交換させていただきます。

交換や製品に対する詳細についてはベータチタニウムBuellLeo両社ホームページトップにリンクページを作成しておりますのでご確認下さい。

なお、今回の問題点として
Buell XBシリーズはZTL(ゼロ・トーション・リンク)ブレーキを採用してあり、ローターボルトにフローティングピンの役割が付加されており、そのフローティング量の低下を懸念しての対処となりました。

現在主として国産その他のオートバイに採用されているディスク自体にフローティングシステムが確保されている車両用のディスクローターボルトを御使用の方は問題無くお使いいただけます。


ご購入者様、各種関係者様には大変ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。
02 : 30 : 06 | Information | page top↑

只今帰りました

えー

色んな意味で疲れ果ててます。


とりあえず今日は寝かしてください(願)

みなさままた明日~☆
23 : 13 : 28 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ちょっとしたお話

今日お客様からのお問合せであった内容について書いてみます。


「ネジの頭が六角なのは何故ですか?
  プラスとかじゃダメなんですか?」


と、いう御質問をいただきましてそれにお答えしたのですが、折角なので今日の日記で書いてみたいと思います。


さて、通常ネジの頭で皆さんが思い浮かぶのは「プラスネジ」では無いでしょうか?

まずはこの「プラスネジ」というものは比較的近代で使用されるようになった形状でそれ以前は「マイナスネジ」が主流でした。
(プラスネジは20世紀になってから)

ですが、プラスネジマイナスネジより優れた特性を多く持っていたため次第にプラスネジが主流となってきました。



ではプラスネジマイナスネジよりも優れている点をご説明させて頂きます。

それは【ネジが回しやすい】というのがあります。



プラスっていう形はマイナスよりも浅かったり角度を多少変えても回りますよね?

コレはなぜかというと単純にトルクの分散が出来ているからなのです。

マイナスだと工具の接地が2点(基本的に接地は点です)

これがプラスだと4点になります。

2点から4点に変わると何故良いのか?


それは締め付けトルクが2N・mだとしたら接地点が2点のマイナスでは単純に1点あたりに掛かる力が1N・mになります。

これが接地点が4点あるプラスでは1点あたりの掛かる力が0.5N・mになります。

接地点に掛かる力が少ないとネジを回す際に少ない力で回ります。

さらに力が分散されているのでネジをなめにくくもなります。


また、プラスのネジの方がネジの底に水分が溜まりにくい等の利点もあります。

こういった理由から現代ではマイナスではなくプラスの方が利点が多いのでプラスを採用しているのです。


それでは六角の頭の場合はというと分散点を多くとる以外に形状が円に近いので今までの十字型より一層トルクの分散が出来るのです。

また大きなトルクをかける際にプラスネジでは力が逃げてしまうのですが(切り口が斜めの為)内六角では横に円運動するのでトルクの管理がしやすく現代の工業製品では殆ど六角を使用しています。


PICT0038.jpg
(TISC)





更に大きなトルクを掛ける際には外六角のほうが向いています。

これは外形の方がトルクを大きく掛けた際に力の加わりが伝わりやすいからです。
内側の6mm六角よりも外側の10mm外六角の方が円運動が大きく掛けれます。


PICT0015.jpg
(TIHC)


ですのでベータチタニウムでは基本的に六角を採用しています。




さらに言うと今度は12角の方が良いのではないかと言われるのですが、これはよほどのサイズで無い限り今度は一面あたりの強度が低くなる為大きなトルクが掛けれません。
(昔一度だけどーしても12角が欲しいといわれ造りましたが…)


ですので工具を掛ける相手として六角よりも優れた規格としては12ポイントという形状になります。

070919_1735~0002.jpg
(RidingHouse-DUCATI1098用アクスルナット)


この形状だとしっかりと工具の接地面に力を掛けれるのでなめにくく、トルク管理がしやすくなります。




が、Ti-6Al-4Vをこの形状に加工するには大きなコストが掛かってしまう為に量産品ではあまり採用はしていません。




と、ちょっと話が長くなってしまいましたがこんな感じのご説明を個人のお客様にさせていただきました。

ベータチタニウムはネジ屋なのでネジの事で疑問に思ったことや解らない事がありましたら遠慮なく聞いてください。
18 : 55 : 17 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

いやはやいやはや…

えー

ホームページはマダです。

マツヤマが壮絶に勘違いしておりました…

SEの方には多大なご負担をお掛けしておりますが宜しくお願いします。


ガンバリマス
16 : 50 : 43 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

いやはや…

最近日記の更新が停滞気味です。

こんな日記でも楽しみにしていてくれる方がいらっしゃる(一人くらいはいますよね!?)のに申し訳ありませんm(_ _)m

これからも楽しくたまには真面目なチタンサイドストーリーを展開して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。



さてここから皆様にお知らせです。


週明けの火曜日にベータチタニウムホームページをリニューアルしたいと思います。

ですので本日から3日間はホームページが完成しない限りマツヤマはブログの更新が出来ません(舌の根も乾かぬうちに…)

がんばってより良いホームページを作って行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。


もしも週明けに出来ていなかったら大人の事情をお察しくださいませ…
16 : 19 : 00 | Information | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007  最終話

さて一日空いてしまいましたが その1 その2の続き


金色のボディにしなければならなかった?

金という色に目的があった?

目的の為に金色になった?





ここはやはり金色にならざるを得なかったと考えました。

ここからが仮説
続きを読む
18 : 44 : 33 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007  その2

昨日の記事の続き


そうです、百式が他のモビルスーツと最も特徴的差異がある部分…

続きを読む
10 : 39 : 15 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えたら思いのほかの反響だったので調子に乗って百式の外装について書いてみる2007

以前書いた
「Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えてみた2007 」

が予想以上の反響がありましたので続けてみたいと思います。
続きを読む
18 : 00 : 17 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

Windy 2007 出展決定

2007年10月14日に舞洲スポーツアイランドで行われる

Windy2007

に出展させていただくことになりました。


是非是非遊びに来てくださいね~☆




Windy<ウィンディー>2007
開催日時 / 2007年10月14日(日) 8:30〜15:30 雨天決行
開催場所 / 舞洲スポーツアイランド イベント広場A
主  催 / Windy2007実行委員会
後  援 / (株)モーターマガジン社 (株)アド・エヌ (株)東京エディターズ (株)二輪車新聞社
特別協賛 / (株)ヴァンズプロ( LIKE A WIND)
入 場 料 / ¥1,000※小学生以下は無料
駐 車 代 / 1日/¥1,000 ※駐輪(二輪)は無料
11 : 26 : 05 | Information | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

日本チタン協会の西日本支部総会

昨日はベータチタニウムも参加させていただいている日本チタン協会の西日本総会に参加してきました。

今回の総会では簡単な展示と会社の近況報告を依頼されたのでその様子です。


DSC00101.jpg


DSC00100.jpg


テーブルクロスくらい持っていかないとダメですねorz





そして会社の近況報告

DSC00103.jpg
壇上でマイクを持たされるマツヤマ

チタン専門家の皆さんの前で何を話そうかと迷いましたが、勢いで乗り切りました。
(O社のN様より「えー」が多いよとツッコミは頂きました)



その後も懇親会で色々な方とお会いする事が出来て大変有意義な時間を過ごす事が出来ました。


ですが今回の懇親会でチタン協会役員の方から

「マツヤマさん、日記見てますよ」





( ̄□ ̄;)!!


あんな記事ですか!?こんな記事ですか!?


思わず「すいません」とあやまってしまいましたorz
09 : 52 : 48 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

チタン普及について

さて、今日の記事のタイトル

「チタン普及について」

特に深いことや専門的なことじゃなく、

マツヤマがベータチタニウムに入社してから感じたチタンについて

身近なモノとしてつらつらと書いてみようと思います。
続きを読む
22 : 39 : 48 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

RIDGE 第14回 HOTDOG大運動会の三時間耐久レース

以前の記事で続きは次回と書いてしばらくたってしまいました。

さてベータチタニウム製Ti-6Al-4Vホイールナットを装着したRIDGEのレーシングマシン、
その名もフォーティーナイナーズ+SOHO”エリー”
P1030253.jpg

続きを読む
14 : 30 : 50 | 取扱いショップ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Buell Fun Ride Dayブース出展

9月1日に鈴鹿ツインサーキットにてBuell正規ディーラーペガサス関西&ブルーモンスター主催で行われた

Buell Fun Ride Dayにブース出展で参加してまいりました☆


事前の天気予報を裏切る好天で非常に活気のある雰囲気の中、一日中Buellのサウンドが響き渡るイベントでした。

今回は実際にベータチタニウム製ディスクローターボルトアクスルシャフトを装着されているお客様のお話やご意見を聞くことが出来て良かったです。




また今回のイベントではベータチタニウムから参加賞の製品を出させていただきました。


今回のイベント用製品はコチラ!!





070903_1558~0001.jpg



え?


ナニか解らない??


それでは拡大してみましょう

070903_1559~0002.jpg


耳掻きです☆

mimikakiデス☆

チタン製です

しかもTi-6Al-4V製ですw


ここまで細くすると純チタンでは曲がってしまう為、贅沢にもTi-6Al-4Vで作成。


たまにはこんなモノを造るのも楽しいですね☆

070903_1600~0001.jpg

当たった五名のお客様、大事に使ってくださいね~
16 : 29 : 07 | レポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: