スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

〆日なのです

本日はベータチタニウムの年に一度の締日です。

棚卸で朝からてんやわんやになりながら各人の業務をしております。



在庫の員数とか点数なんかを確認するんですが我が社はネジ屋なんですよ…


そりゃあもう数百種類数万個のボルトや鍛造材から丸材までとんでもない数量を数えます。


数えている人の隣で意味も無く

「6、7、8…」

とか言ってみたら確実にぶっ飛ばされます

まぁそれでもぶっ飛ばされるのを覚悟でイタズラはするんですがw


わたくしマツヤマも色んなところをごそごそしてましたらこんな物が出てきました。
TS390166.jpg


軽トラにも組んだTi-6Al-4Vホイールナット


形状サンプルで作ったホイールナット、しかもテストのレーザーマーカー入りです。

こういう曲面に字が書けるってのも凄い技術だと関心しますねぇ~


にほんブログ村 バイクブログへそんな忙しい中アンタは何やってんだって?クリックすればわかります

スポンサーサイト
16 : 08 : 20 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

鈴鹿8耐カスタムビレッジの準備開始

本日からMOTOMAXカスタムビレッジの準備を始めました。
去年はヨシムラさんに呼んでいただいて熱い夏を観戦させていただきましたが、今年はベータチタニウムもブース出展ということで参戦させていただきます!!

っといっても何からしていけばいいものやら…

ベータチタニウムはバイクのパーツメーカーって訳でもなくただのネジ屋さんなもんで展示出来るようなバイクは持っておりません
(動くのはアフリカだけw)

とりあえず車両をお借りしなければ~

当日は二台か三台展示しますよ☆


また、宣伝材料も色々と用意しなければならないので集めておいたデータやら写真を整理しているとこんなものが出てきました

btitanq.jpg


去年の全日本最終戦鈴鹿で配ったトレーディングカードです。

名刺サイズ作りました。

これならバイクで来た方に持ち帰ってもらえると思たんですけどどうでしょう???

今年はちょっと趣向を変えたものを用意しようと思いますのでお楽しみに~☆

にほんブログ村 バイクブログへまだ持ってる方は居ますかね?


18 : 56 : 19 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

βチタニウム?

チタン

チタン合金

このブログでよくこの二つを分けて記事を書いているのですが、弊社社名が

ベータチタニウム=βtitanium 

なので

Ti-6Al-4V=βtitanium

と認識されている方がいらっしゃいましたので、本日はチタンの分類に付いてつらつらと書いて行きたいと思います。


まずチタンを大別すると

純チタン
α合金    (アルファ合金)
α―β合金   (アルファ―ベータ合金)
β合金    (ベータ合金)

の四種類に大別されます。


純チタンは純粋なチタンの…

っと言いたいところですが鉄(Fe)が入っています。

純チタンは99%以上チタンの物を指すので鉄がちょこっと入っていても純なのです。

その純チタンの中で鉄の配合率によって1種~3種まで細かく分類されます。
たまに純チタン4種とか言いますがこれは正式にはASTM Grade4になります。
鉄(Fe)が1%以上なので正確には純チタンではないんですね。
(Ti-1Fe チタン1鉄合金)

合金に関してはその純チタンンに合金元素を添加したものであり、その種類、添加量により
稠密六方晶(α相)か体心立方晶(β相)の二つの性質が現れます。

その中で

α単相のものをα合金

β単相のものをβ合金

α相、β相が存在するものがα―β合金となります。

ベータチタニウムで主に使用しているTi-6Al-4Vはいったい何に分類されるのかというと…



実はα―β合金になります。

「じゃあアルファベータチタニウムやん!!」

とかのツッコミが来そうですが、社名は元々このような理由でつけておりまして実際現段階でβ合金よりもα-β合金Ti-6Al-4Vのほうが材料の確保に適している事やボルトにした時の優位性等もあり使用しています。

完全オーダーになりますがTi-15V-3Cr-3Al-3Sn等のβ合金の加工もやってます。

というかベータチタニウムという名前でチタン専門と思われている方も多いのですが、真鍮でも鉄でも銅でもクロモリでもインコネルでもハステロイでもモネルでもカーペンターでもジルコニウムでも何でも螺旋に致します。

チタンボルト屋としてのベータチタニウム

チタン加工屋としてのベータチタニウム

難切削材の加工屋としてのベータチタニウム

螺旋屋としてのベータチタニウム

様々な材料、様々な金属を螺旋にする技術があってチタン合金ボルトが創り上げる事が出来るのです。

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします

13 : 27 : 15 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本日は…

え~



筆が進みません…

明日は本日の分も併せて濃い記事を載せたいと思いますので楽しみにしていただいている方々、お許しくださいませ。


にほんブログ村 バイクブログへ明日に期待を込めてクリック宜しくお願いします。
19 : 20 : 12 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Buell LEOさんにツーリング

京都にあるBuellショップのBuell LEO/さんにアフリカツインの慣らしがてらやってきました。


今日は完全にオフで遊びに来ただけなんですが…

完全に仕事になってしまいました…

詳しくは桔梗屋のつぶやきを御覧下さい



がんばって図面引きま~す。

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中クリックおねがいします

15 : 37 : 24 | 取扱いショップ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

割締めに対する効果 フロント周り編

ベータチタニウムでは高強度のTi-6Al-4Vをさらに鍛造を打ち、SCMに代表されるクロモリ鋼すら凌駕する引張強度を実現するチタン合金でボルトを作成しています。


そしてTi-6Al-4Vの最大の魅力である【引張強度】を効果的に実現できるのがボルトの中でも割りが入っている部分に使用する事なのです。

通常のボルトでは2分割された箇所を正確な締め付けトルクで締結させたとしても速度の上昇や急激なブレーキングによって高負荷加重が掛かり、ボルトが伸びてしまい若干の隙間が生まれてしまい「割締めの箇所が開いてしまう」のです。

そこでTi-6Al-4Vという引っ張りに強いチタン合金が必要となってくるのです。

例えばトップブリッジやステム周りにはこういったネジが伸び開く場所が多くあります。
このような伸びに対して苛酷な状況においてTi-6Al-4V鍛造のボルトを使用する事によりトップブリッジやステム自体の開きを減らす事によりステム自体の剛性をより強く発揮出来るようになるのです。

同じ原理でフロントサスペンションの一番下の部分、アンダークランプの部分でも効果を発揮します。アクスルシャフト自体をしっかり保持出来るようになります。

このように本来ボルトに求められる性能である【引張強度】において優れたTi-6Al-4V鍛造であなたのバイクのフロント周りの動きを引き締めます。

もちろん、比重で鉄系統のボルトよりも60%しかないチタンの軽さでバネ下の軽量化にも貢献出来ます。

なぜチタンなのか?
なぜTi-6Al-4Vという合金なのか?
なぜ鍛造まで打っているのか?

Performance of Your Force

ベータチタニウムの製品はチタンの性能を実際に体感出来るボルトなのです。


にほんブログ村 バイクブログへ数本のボルトであなたのバイクの動きを変えます

12 : 04 : 43 | チタン合金ボルト | page top↑

チタンのリング―TB340純チタン使用

070227_1306~01.jpg



サンプルとして純チタンを使用して作成したリングです

ちょっと前に作ってみたんですがムツカシイですね…

個人的にはTi-6Al-4Vメリケンサックに使えるくらい強いものを作りたいですけどねぇ~

内側は陽極酸化処理のブルーで仕上げてみました。
肌触りも良くアクセサリーとしても結構優秀なチタン
Ti-6Al-4Vの強さがいらないところであれば純チタンでこーいうのも面白いんですけどね~

まぁお遊びという事で☆



070227_1305~01.jpg


せっかくなのでボルトとのコラボレーション☆


にほんブログ村 バイクブログへバイクは関係無い!?いやいやこういう技術も生かされているんですよ~
17 : 52 : 51 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

広島初上陸してました

昨日は初の広島出張でした、

朝から車でえっちらおっちら行ったのですが帰ってきたのが夜中の二時…

流石に昨日はブログ更新できませんでした…


しかも仕事で行ったのに写真全然撮ってないというオマヌケっぷりを全開で発揮してしまいましたorz


せっかくの広島という事で最後に一枚だけとった写真


TS390147.jpg


広島駅前にあるビルの中にあった「SUZO」のSUZO焼☆

大根おろしがめちゃくちゃ旨かったです
09 : 29 : 52 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑

ベータチタニウム新メンバー加入!?

なんだか「あい○り」みたいな表題になってしまいました。

それでは本編どうぞ~



先日ベータチタニウム代表のキウチとマツヤマの会話

マツヤマ「社長~ 最近長距離多いんですけど…」

キウチ「エエコッチャないか~ みなさんにチタン合金を広めんかい」

マツヤマ「いや、そやけど軽トラやと長距離にツライものが…」

キウチ「しゃーないなぁ~ ほななんぞ用意するわ、とりあえず
    軽より排気量ありゃええんやろ?」

マツヤマ「よろしくお願いします!!」


そして月日は流れ…

キウチ「おぉ~い、マツヤマ~ お前の移動車両来たぞ~」

マツヤマ「お!?お? …  おぉぉ???」




続きを読む
17 : 58 : 39 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

2007 鈴鹿8耐 MOTOMAX出展決定

07_motomax_cosvi_01.gif



2007 QMMF FIM 世界耐久選手権シリーズ第3戦
"コカ・コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第30回記念大会



その会場内で二日間にわたり開催される鈴鹿8耐 MOTOMAXカスタムビレッジにブース出展させていただく事が決定しました☆
(イベントの詳細コチラをクリック)

春先にヨシムラジャパンさんのブースをお借りして参加した
東京モーターサイクルショウ以来のブース出展です!!

各車種のディスクローターボルトやキャリパーマウントボルトからアクスルシャフトまで多数展示品をご用意します!!

その手で見て、触って、そしてお買い上げいただいて強さを実感してくださいw

さらに今回は鈴鹿八耐の30周年記念という事で30周年記念特別特価製品もご用意させて頂きます!!

その製品は…





ヒミツデス☆

是非会場内でお尋ね下さい


また、チタン合金パーツの装着車両も用意してお待ちいたします。
パーツ単体で見るよりも実際車両に装着する事での効果効能も当社スタッフがご説明させて頂きます!!


今年の夏は鈴鹿でベータチタニウムのボルトで涼をとりながら熱い八時間耐久を観戦しましょう!!

それでは会場でお待ちいたします☆
17 : 09 : 57 | Information | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ガンダムネタ緊急速報

えーさっきブログをアップしたばかりなのですが、このブログのリンクにもありますMCおやじちゃんのエンデューロレース裏方日記に興味深い記事があったので乗っかってみます。

この記事を御覧下さい。

【高校生が手作り原子炉を作成! 核融合成功に近所はドン引き!】

えーっと、そりゃドン引きですよマジデ


しかしこのオルソン君とベータチタニウムが手を組めばガンダム作成が本当に実現できるかも☆

しかしこのオルソン君の

「紫色のプラズマが見られてサイコーだぜ!!」

ってセリフから察するとだいぶイッちゃってマスネ…


マツヤマも負けずに頑張ります。

にほんブログ村 バイクブログへまた夢が近づいた!?ガンダム乗りたい人はクリックお願いします
23 : 23 : 22 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

只今帰りました

今日は朝から鈴鹿周辺のメーカーさんやらショップさんとお話お話デス

やっぱりまだまだTi-6Al-4Vと純チタンが混同されて認識されているんだなぁっと感じました。

チタン合金ボルトメーカーとしてチタン合金の普及と宣伝をもっともっとがんばっていかないといけないと実感しました。


さて、今日も相変わらずの軽トラでの長距離移動だったのですが前回の教訓を生かし今回は軽トラ長距離移動の対策品を装着していきました。

これを付けると車体の微振動がほとんど消えてストレス無く長距離が走れるようになるのです!!



そのパーツはコレです!!


TS390035.jpg

TS390036.jpg


Ti-6Al-4V製ホイールナット

上がショートタイプ

下がロングタイプになります。

鉄ホイールにチタン合金のナット

こんなことしても意味が無いとお思いのアナタ!!

これが結構馬鹿にできないんですよ~


いかに運動部の締結面での剛性が重要かマツヤマに教えてくれた物ですね。

いったい何が違うのか?

ベータチタニウムに遊びに来ていただければ実際に体感していただけますのでいらっしゃいませ~

にほんブログ村 バイクブログへ皆様のお陰でランキング10位以内に入れました、これからも宜しくお願いします。

23 : 10 : 02 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

陽極酸化処理

ベータチタニウムの象徴ともいえるこの写真
20070506013835.jpg


この青いボルトはいったい何なのか?

ただのファッション??

いいえ、違います。
この青色には理由があるのです。まずはこの青くする処理についてお話します。


陽極酸化処理

特殊な水溶液中で電極操作により酸化を進める方法です。
以前の記事【チタンは錆びない!?】でも少し書きましたが、チタンってすごく酸化しやすいんですが酸化したあと強くなる的なことを書かせてもらいました。

そして、チタンが酸化すると変色するのです。

これはオートバイに乗ってらっしゃる方なら大体はご存知のでしょうが、有名なのはマフラーのエキゾーストパイプに使用されているチタンが高熱で酸化することにより鮮やかなグラデーション状に発色するのはが有名です。
これを加熱酸化といい、金属の温度上昇によりチタンと酸素が結合する事によって酸化皮膜を形成しその厚みや組織によって色が変わります。

さて、ここで陽極酸化の話に戻りますが

陽極酸化処理酸化皮膜形成というのが大きな目的であり加熱酸化と同じような効果がでています。

それではいったい何が違うのか??

それはズバリ酸化皮膜の安定です。

マフラーがグラデーション条に色が変わっていくのと違い陽極酸化は基本的に単色でまとまります。
この状態は表面の数ナノの厚みで酸化皮膜が安定しているからなのです。
マフラーのように熱で酸化を進めるとどうしてもムラになります。

マフラーであればこのムラは問題無いのですが、ことボルトというと高負荷にさらされる場所でムラのある酸化皮膜だと力の応力集中を起こし破断の原因になります。

さらに厚すぎる酸化皮膜はその下のチタンとの硬度差が生じ焼きつきやカジリを起こしやすくなります。

チタンのボルトをバーナー等であぶるとキレイな焼け色(酸化皮膜)が付きますが、それはボルトの性能を著しく低下させるだけではなく大変危険な行為なのです。

では、なぜベータチタニウムではわざわざ酸化皮膜を付ける為に陽極酸化処理を施すのか?
それは陽極酸化処理で作った酸化皮膜安定した酸化皮膜を作ることによりネジのカジリや焼きつきに対して効果を発揮できるのです。

何故か?

それはチタンの表面がナノレベルで安定する事により表面が滑らかになり、相手側に対する攻撃性を失わせると同時に薄く強い酸化皮膜で防御性を高める事が可能だからです。

さらに酸化皮膜が安定する事により電蝕等に対しての腐食代としても活躍します

こうしてボルトとしてカジリや焼付きに強い性能を持たせる事が可能になるのです。
ベータチタニウムではネジ部を熟練の職人の手による【転造】で造りますが、それでも焼付き等が心配の方の為にこのような表面処理を用意しています。

P2120716qq.jpg


そして64合金で最も色の安定がでるのがこの蒼のため通常出荷品はこの色で統一させています。
見た目だけじゃなく、ファッション性だけじゃなく、ネジとして性能を追求した陽極酸化の色
普通の着色や、他の物質を蒸着させるのとは違うチタンそのもののを変える事によって生まれる安全な発色。

ベータチタニウムのネジに対するこだわりの一つでもあります
18 : 26 : 02 | Technology&Material | page top↑

神戸国際宝飾展に行ってきました

5月の17/18/19の三日間 神戸国際展示場で開催されていた【神戸国際宝飾展】に行ってきました。


何故ネジ屋のマツヤマがそんなところに行ったかというと

1、会社に招待状が届いたから
2、精密工作機械の展示もあるって聞いてたから
3、興味本位

以上の理由が重なり行ってきました。






もうあれですね、世界が違うってこういう事を言うんですね


一つ4,000,000円の輪っかとか1個10,000,000円の石とか…

「すげー!たっけー!」

と輪っかを見ながら思ってたら

「あらステキ☆それ一ついただこうかしら」

ってオバハンセレブなマダムが仰っているじゃないですか…

真面目にその輪っか俺の年収より上ですから!!

マツヤマの年収を遥かに超える輪っかが八百屋の大根の如くお買い上げされていきまいた…


そんな中ネジ屋マツヤマが唯一落ち着くのは工作機械のブースのみですよ。
CAD-CAMの画面とかバフ研磨機の回転調整機構とかレーザーマーカーの出力調整とかそんなとこだけですよ。

そんなプレッシャー空間から逃げるように会場を後にして駐車場へ

今回は招待状を持っているということで関係者駐車場に車を駐車していましたが…



車の並びが
Jaguar XKR100
Mercedes-Benz SLR McLaren

β-titanium SUZUKI CARRY(軽トラ)
Ferrari 360ChallengeStradale
BMW 750Li



って何故に軽トラを囲むか!?

格差社会の縮図に居た一日でした。


にほんブログ村 バイクブログへあなたのクリックで軽トラからスイフトくらいに進化させて下さい



16 : 31 : 02 | レポート | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

Ti-6AL-4Vチタン合金とルナチタニウム合金の関係性からガンダリウム合金までの道のりを真面目にチタン合金屋が考えてみた2007

全世界53億人のガンダムファンのみなさまこんばんわ

チタン合金ボルト製造メーカー【ベータチタニウム】の技術開発 松山です。

本日は今まで類を見ない位どーしよーもない文章を超長文で書いて行きたいと思います。

ガンダムファンの皆様は最後まで、ガンダムファンではない方も読んでいただけるとうれしいです。


機動戦士ガンダム

世界に誇る日本のロボットアニメーション


地球連邦政府とジオン公国の間で起こった戦争の中で一つの部隊(第13独立部隊、またはホワイトベース隊)を中心に描かれた物語である。

今回のお話は主人公アムロ・レイの搭乗するRX-78 ガンダム
このガンダムの強さの秘密であり敵対するジオン公国が持ち得なかった技術、それまで戦況で多大なる戦績を上げていたMS-06ザクのザクマシンガンすら受付けなかったRX-78ガンダムの装甲

ガンダリウム合金についてベータチタニウムの技術開発として真面目に考えてみようと思います。


まずはこのガンダリウム合金

元々はルナチタニウム合金と呼ばれていましたが、戦況を著しく連邦政府に傾かせた要因であるガンダムの装甲版に採用されていた事から一般的にガンダリウム合金と呼ばれるものになったものです。


それではこのガンダリウム合金ルナチタニウム合金(Luna-Titanium Alloy)についての考察をしてみたいと思います。

正確な配合率まではわかりませんが主成分はチタンであることは間違いなさそうです。

そのチタンにアルミニウム、希土類金属を配合したチタン合金の一種であり、主に月(Luna)で生成されていた事からルナ(月)チタニウム合金と呼ばれるようになったようです。

チタンを月面上という特殊な重力下で精製することにより従来のチタン系合金に加え、様々な特性を有するらしいです。(なぜ特殊な重力下で精製すると様々な特性を有するのかは謎)

さて、それではここでこのルナチタニウム合金とベータチタニウムの扱うTi-6Al-4Vチタン合金との違いを検証してみましょう。

まずはTi-6Al-4Vチタン合金について

主成分チタン90% アルミニウム6% バナジウム4%で構成されたチタン合金の代表格でアメリカ合衆国がFシリーズ戦闘機のエンジンを開発する為に作った高剛性、軽量、耐腐食性に優れた金属
精製と加工に大きなコストが掛かり一部ハイパフォーマンスのマシン
(レーサー、航空機、宇宙ロケット分野)で使用される。



続いてルナチタニウム合金

主成分チタン?% アルミニウム?%  希土類金属?%で構成されたチタン合金の一種で地球連邦政府がRXシリーズの装甲を開発する為に作った高剛性(弾跳ね返すし)、軽量(動き早いし)、耐腐食性(ほとんど汚れないし)に優れたな金属
精製と加工に大きなコストが掛かり一部の高性能モビルスーツ
(ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク)に使用される







……



って、


ほとんど一緒じゃね???

強いて違うところといえばバナジウムが希土類金属(スカンジウム、イットリウム、ランタン、アクチニウム等)と違うくらいで(合金の配合率を考えれば確かに違いはあるかも知れないが)精製技術に重力が関係しているとは聞いたことがありましぇん。
(専門家の意見お待ちいたします。)

まぁ

Ti-6Al-4Vチタン合金にザクマシンガンの弾が跳ね返せるかっていうと微妙ですけど(120mmマシンガンですからねぇ)表面硬度を上げる技術はいくらでもありますしね


しかし上記の事がある程度近似値になるのであれば…


チタン合金=Ti-6Al-4V


チタン合金=ルナチタニウム合金


ルナチタニウム合金ガンダリウム合金





……



Ti-6Al-4Vガンダリウム合金



おぉ!?

もしかするともしかしますかね!?




まぁ単純にイコールで結ぶことは出来ませんがTi-6Al-4Vってとてもガンダリウム合金に近いものがある、というか同じチタン合金としては括れるものだと考える事が出来ます。

21世紀において最も優秀な金属に近いであろうTi-6Al-4V

それは宇宙世紀0079年において一つの伝説となるRX-78ガンダムを生み出す為の重要な鍵になるのかもしれません…



ベータチタニウムではTi-6Al-4Vを使い、様々な分野の製品を手がけています。


そんなガンダリウム合金でアナタのバイクや車を強化してみませんか?

(激しく違う)

ベータチタニウムはそんなガンオタの夢を応援します☆



〔次回のガンダムネタは百式の装甲に付いて真面目に考えてみた2007〕
です
お楽しみに☆


にほんブログ村 バイクブログへ共感していただいた方、馬鹿だなと思った方、どっちでも最後まで読んでくれたなら後はクリックだけよろしくお願いします。



17 : 10 : 27 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑

NSR-プロアーム用カラー&ナット

だいぶ前に作ったHONDA NSR250Rのプロアーム車両用のセンターハブカラーとナットです。

TS390138.jpg


完全特注での作成で図面も引きなおした物です

TS390141.jpg


こちらはハブ単体です

TS390140.jpg


そしてナットです。
このナットは回り止めのピンも付けれる形状で、この【割】がけっこう苦労した記憶があります。

こちらはサンプル作成したものでちょっと仕上げが終わってない物なので若干バリが残ってます
(仕上げすればOK)


大きさの比較として

TS390137.jpg



結構大きいですね~


この製品の効果は軽さはもちろんですが64合金で座面締結力をしっかり持たせる設計にしてありますので、回転ロスの低下やホイールからスイングアームに掛かる力をしっかりと受け止めリアの足回りの安定感を増す事が出来ます。


こーいったワンオフの製品は1個からでも受け付けてますのでお気軽にお見積り下さい。


にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします

17 : 49 : 07 | チタン合金ナット | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

5月17日発行 日経産業新聞 記事掲載… されていました

TS390128.jpg


昨日5月17日 日本経済新聞社より発行の日経産業新聞一面株式会社ベータチタニウムの記事が掲載…


されてました



えーっと取材に来たのは知ってましたが本日見本誌が会社に届きまして…

内容はというと一面掲載という事で大きくカラーで掲載していただいています。

昨日発行の新聞の為、既に入手が困難だと思われますので下記に記事内容を掲載しておきます。


続きを読む
11 : 41 : 35 | Information | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

チタンは錆びない!?

以前の記事で書ききらなかったチタンのもう一つのお話

「チタンは錆ない」

このワードについて今日は記事を書いてみようと思います


まずはるという事について簡単にお話します

続きを読む
19 : 10 : 13 | Technology&Material | page top↑

螺子屋の壁紙

会社のパソコンのデスクトップ画像ってみなさんどんなのお使いですか?

私が見てきたのを考えると工業製品の会社だと幾何学模様な感じが多いですし、バイクショップさんだと大抵みなさん取り扱いメーカーの壁紙をお使いになってますね(一部京都の店舗は除く)

そこで螺子屋さんである私の壁紙も皆さんに見ていただこうと思いまして載っけてみました。


にほんブログ村 バイクブログへキレイだと思った方はポチッとお願いします

続きを読む
18 : 35 : 25 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

A7075+ハードアルマイト マフラーステー

先日ZZR1100を中心とした川崎水冷系のカスタムで有名なK-ⅡPROJECTさんからご注文をいただきました。

お客様でワンオフのスイングアームにタイヤサイズ変更でそれに併せてマフラーも外に振った物を作ったのですが車体からマフラーが遠ざかってしまって取り付けするのに間にステー必要になったそうなのです。

とりあえず寸法を聞いて図面を引き直しました。

K-ⅡPROJECTさんからの指定は

「安っぽくなく」
「カッコよく」

うぅむ…

結構責任重大デスナ…


とりあえず負荷の掛かる場所ではないのでTi-6Al-4Vはパス。

車体の後部に付く物なので軽い方が良いだろうと考え今回の材質は
アルミニウム合金のA7075を使用。

アルミニウムは無垢だと腐食が怖いのとマフラー近辺で熱もかかるところなので表面処理はハードアルマイトをチョイス。

そして出来上がったのがコチラ↓

TS390034.jpg


あくまでマフラーステーとしての機能を追及しつつ、裏方のパーツとして存在感を出しすぎず安っぽくない感じに仕上げてみました。
しかし車体に実際付いた状態ではどうなんだろうとちょっと心配

とりあえず出来上がって来たものをK-ⅡPROJECTさんに送り感想を聞いてみる…


松山「い、いかがでしょーか??」

KⅡさん「うん、えーっと…」



KⅡさん「バッチリっすよ♪」


ほっと胸を撫で下ろす瞬間ですネ

こういったワンオフの形状を考えるのは難しくも面白いなと改めて思いました。


にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします





00 : 13 : 26 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

A.C.SANCTUARY訪問

先日の関東出張の際に東京都江戸川区でZ系パーツの販売、車両作成、レース活動と多岐にわたり活躍されているNOBLESTさんのお店A.C.SANCTUARY東京本店さんにお邪魔してきました。

今年の東京モーターサイクルショウの時にお話しする機会がありまして今回関東出張という事でお邪魔してきました。

店内に案内していただくとRCMのマシンがズラリ
TS390105.jpg


時代を感じさせない作りとでも言いましょうか、迫力を感じました。

今回はお仕事の話よりもお互いのご紹介みたいなお話をしました。

ボルトのこと、チタン合金のこと、今現在のバイクとその環境の事、あっという間に過ぎましたが大変有意義な時間を過させていただきました。


次回も関東に行った際は是非伺おうと思います。


株式会社ノーブレスト
東京本店(A.C.SANCTUARY)
東京都江戸川区一之江1-9-16本社第一ビル
TEL : 03-5663-7620 FAX : 03-5663-7621
18 : 21 : 08 | 取扱いショップ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2007 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 筑波 観戦

今日は筑波サーキットで行われていたMFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦を観戦してきました。

全日本観戦で筑波は初めてだったので結構楽しみでした。

朝の九時にサーキット到着。

まずは入り口近くのヨシムラジャパンさんのところへ伺いました。

TS390107.jpg




っと何もありません。

マシンはコース近くに移してあったのでこっちは休憩用みたいになっていました。
いつもは何かしらマシンが並んでいるので逆に新鮮だったのですが何も無いのも寂しいので格納してみました。

TS390106.jpg


ハイ、松山です。

なんかヨシムラマシンの気持ちが少し感じれます。

というか今この瞬間は私がヨシムラマシン!?っと錯覚してしまいそうでした(興奮で意味不明デス)

その後午前中はレース観戦しながらとりあえずぷらぷらと各チームのピットを見学です。


午後からST600の決勝を観戦、今回の筑波は「激観シート」なるものがあり私はダンロップコーナーと第二ヘアピンの間で観戦しました。

TS390112.jpg


近いですね~

マシンの挙動がわかる位置での観戦は新鮮でした。

ST600はTEAM GREEN高橋 英倫選手
team HARC-PRO小西 良輝選手
伊藤RACING・GMDスズカ奥野 正雄選手

の順で、ヨシムラスズキwithJOMOの行方 知基選手は15位でした。

続いてJSB1000の観戦です。

今日のレースは直後に赤旗中断、再開後また赤旗と結局ヒート3まで持ち込まれました。

結果は
TEAM GREEN柳川 明選手
WINs SUZUKI R.T秋吉 耕佑選手
ワイズギア・レーシング阿部 典史選手の順でした。

ヨシムラスズキwithJOMOの酒井 大作選手は8位、渡辺 篤選手が9位という結果にでした。

今回の筑波ラウンドは本当にST600、JSB共に1~3位別々のメーカーが表彰台に上がり各メーカーが力の均衡した戦いをしていたように感じました。



っと、ここまで書きましたが私どーもレースレポートとやらが上手く書けません(哀)

こちらにすばらしいレポートがあがると思いますので見てみましょう~


次のオートポリスでの第四戦も見に行きたいと思いました(社長、宜しくお願いします)

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします

22 : 53 : 04 | レポート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

いきなりですが出張デス

いきなりですが今日からキウチと二人関東出張デス。

今回は軽トラではなくてSUZUKIエスクードです。

目的は明日筑波サーキットで行われる全日本ロードレースを観戦


明日は観戦記を書きます~



写真は名神高速で見掛けた珍しい車


デリカD5 パリダカールラリーサポートカー

カッコいいデスネ


TS390102003.jpg



にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします

16 : 59 : 06 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

シンガポールでベータチタニウム

先日、シンガポールに旅行に行ってきた友人から現地のオートバイ雑誌をお土産にいただきました。


MOTOR CULTURE
TS390085.jpg
表紙には爽やかなお兄さんと巻き髪の女性がCBRでタンデムです



TS390086.jpg


この号の特集はCBR1000RRのインプレ記事みたいですね(英語は読めません)



読んでいてシンガポールではスーパースポーツが人気が高いのがうかがえます。


巻末にオーナーミーティングの集合写真っぽいのがありました。


ど真ん中に写るのはヨシムラジャパンJSBレプリカ
TS390088.jpg


シンガポールでも人気があるのでしょうね~
日本でもWSBやBSBのマシンのレプリカに乗っている人も居る事を考えれば不思議では無いんでしょうけどね。

ところどころ英語表記の記事を読んでみるとオーナーはチェンさんというお名前みたいです。

ヨシムラレプリカに乗っていると言うだけで不思議とこのチェンさんに親しみが生まれますね~



そしてもしやと思ってよく見てみると…

ありました!!


ベータチタニウムのスポンサーロゴ
TS390089.jpg

写真だとわかりにくいですが確かにβTITANIUMと判別出来ます。

異国のライダーのバイクに自社のロゴが入ってるというのはチョットうれしいですね~


ナイスですよチェンさん



良い仕事してますよチェンさん




でも、


でもね、チェンさん



ベータチタニウムのロゴまで再現するくらい見事にYOSHIMURAレプリカを再現してるのに…


TS390090.jpg


マフラーがアクラポ○ィッチってどーよ??




ヨシムラさんのシンガポールでの販売網拡大を期待します。


にほんブログ村 バイクブログへツッコミを入れてしまった人はクリックお願いします



20 : 38 : 29 | Information | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

Riding House にお届け物

え~

昨日のチタンのお話の続き

【チタンは「錆びない」?】

を書こうと思っていたのですが上手く書けません…
また改めて書きたいと思います。



というわけで今日はまたまたライディングハウスさんに行ってきました。


新しく作ったコレを届けにデス


TS390084.jpg
βtitanium抜字ステッカー


今回はコレをライディングハウスのデモ車三台に張っていただこうと思い持って行きました。

二日前に見たF4 1000Rは外装が外されていました

TS390083.jpg


この写真だとなんかVYRUSちっくに見えるのは私だけでしょうか??

明後日に浜松でお披露目らしいのでステッカーが間に合ってよかったです。

にほんブログ村 バイクブログへ錆の記事はもうちょっとお待ち下さい

20 : 57 : 28 | 取扱いショップ紹介 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

チタンは軽い?強い?

チタンってどんな金属ですか??

この質問に対して一般的に言われるのが

【軽い】

【強い】

【錆びない】

と、認識されています。
しかしこの三つの特徴は全て一概に正解だとは言えないのです。
間違いでも無いのですが、余りに偏った認識を生んでいる為にお客様の中でも誤解をされている事が多々あります。

間違いではないのですが正解ではない

これを一つ一つお話しして行きたいと思います。

続きを読む
18 : 26 : 40 | Technology&Material | page top↑

Riding House 訪問

logo.jpg
今日はドカティを始め数々の二輪用パーツをリリースをしている
Riding House さんにお邪魔してきました。

到着すると久米さんがなにやら奥でゴソゴソしてます

なにやらデモ車のお披露目近いそうでマシンを組み立て中のようです

とりあえず完成間近のマシンを激写してみました


TS390071.jpg
MV AGUSTA F4 1000R

ライディングハウスのイメージカラーのシャンパンゴールドに塗装済み

TS390069.jpg



高級感の中にレーシーな感じがありますね


赤いスウェードシート
TS390070.jpg


この赤いシートは今回初の試みだそうですが車体にマッチしていてカッコイイですね~☆

しかもこのスウェード、洗えるみたいです

さらに合皮ではなく本皮

こーいった技術の進歩には日々驚かされます。

バイクに使用するのは始めてらしいのですが手触りも良くグリップ感も適度にありそうで良さげでした。


カラーバリエーションも豊富です
TS390072.jpg


またこの車両は色んな雑誌に登場するようなのでチェックしてみてください。


またこのスウェードのシートはアグスタ以外のバイクも可能らしいので今度自分のバイクを持っていこうかと悩み中の松山でした。


Riding House
大阪府寝屋川市高宮1-10-23
Tel 072-821-1101 Fax 072-824-2646

19 : 22 : 19 | 取扱いショップ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

連休明けました

さてゴールデンウィークも終わってしまいましたね、ベータチタニウムも本日より通常業務開始です。

今日は休み前に作っておいた製品の点検と在庫分けデス

キレイに洗ったあとにとりあえず乾燥の為一時新聞紙の上に置きます。

060513_0001~01.jpg

新聞紙とチタン合金ボルト(ありがたみ無しデスな)


しかしこれでもまだまだ氷山の一角なんです。

とりあえず精度試験して仕分けです。

この中には通常在庫品12種類

バイク専用ボルト3種類

総本数200本以上ですがチマチマチマチマ仕分けです。

毎日毎日ねじ螺旋ネジ螺子なベータチタニウムでした。

休み明けはこんな感じで過ぎてしまったので明日はもうチョット濃い記事を書きたいと思います

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします

18 : 51 : 07 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

広告写真

20070506013835.jpg


ベータチタニウム社として二輪雑誌に広告を載せていただく時に使っている画像の一部です。

テーパーキャップボルトを油の上に置いてその油にヨシムラジャパンさんのレーサーの写真を写りこませています。

結構お気に入りの一枚です。

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします


18 : 45 : 54 | 螺旋屋徒然-マツヤマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Buell XB用ディスクローターボルト開発話

leorogo.jpg

ベータチタニウムが初めて公式にコラボレーションした製品は京都にあるBuell専門店Buell Leoさんとのこの製品になります。

f0030697_20252848.jpg


現行のXBシリーズのBuellはフロントのブレーキディスクがホイールの外形に付くタイプ、通称ZTLブレーキを採用しています。これはBuellXBシリーズを開発においてマスの集中化とバネ下重量の低減を狙いコンパクトかつ軽快なマシンを作るというコンセプトを実現する為の機能です。

しかしながらこの他に類を見ない形状ではアフターパーツが非常に少なく、ダブルディスク化や他車種の足回り流用等大掛かりなもの以外のカスタムがほとんど無く、ブレーキパッドの交換ぐらいしかパーツが出ていませんでした。

そこでBuellのスペシャリストであるLeo日下店長から、体感できる効果的なブレーキパーツの開発依頼を受けベータチタニウムと共同開発がスタートしました。

開発にあたりやはり気になったのがこのZTLブレーキ

Buell社の提唱するマスの集中化とバネ下重量の低減を表すこの部分でのパーツ開発を考えました。

通常のディスクローターボルトよりも外形に近い位置で止まっているボルトの重量を減らす事によって回転重量物の軽量化の意味合いが大きく取れると睨み開発開始

とりあえずノーマルのボルトから図面を引き直しTi-6Al-4Vで試作モデルを作りました。

070419_1950~0001.jpg
ノーマル

ML_TS390016.jpg
Ti-6Al-4V

面と角をきっちり作り直しました

070419_1951~0001.jpg
ノーマル

ML_TS390017.jpg
Ti-6Al-4V

頭部は薄く軽量に

070419_1952~0001.jpg
ノーマル

ML_TS390018.jpg
Ti-6Al-4V

この状態まで持ってくるのに数週間を費やしました。

なぜそんなに時間がかかったかと言うと、このローターボルトを作れる材料が無かったからなのです。

通常ベータチタニウムでボルトを作成する場合鍛造材を使用します。しかしこのZTLブレーキのローターボルトは通常よりも座面が大きく取ってあり、ベータチタニウムの通常在庫の鍛造材が使用出来なかったのです。

下の写真を御覧下さい。
ML_TS3900191.jpg


左がベータチタニウムのモトパーツとしてラインナップしているKAWASAKI車用ディスクローターボルト、右がBuellXB用です

赤い線の間が座面径になるんですがBuell用は国産タイプよりも2mm以上大きくなっています。

この2mmが曲者でした。

在庫している通常の鍛造材の材料径より大きかったのです。

とりあえずサンプルで鍛造材を作ってテスト用は完成したんですが新しく鍛造の型を作成するとコストが跳ね上がってしまいます。

丸材からの総削り出しにしたほうがコストは下がるのですが強度が若干低い為に座面の厚みを増やさなければなりません。(結果重量増)

この状況を日下店長に相談したところ。

「コスト面で妥協して中途半端なものを作るよりは出来る限り最高のものがいい」

この一言で新たに鍛造材を作成し、製造まで至りました。

結果ボルト一本あたり21gから7gと約三分の一まで重量は落としつつ、鍛造剤を使用する事によってボルトとしての剛性も大幅に上げる事が可能になりました。

妥協もコストダウン考えなかったこの製品

この製品については開発に加わったベータチタニウム代表木内の言葉

「単純、ゆえに絶大」

この言葉につきます


たかだかネジを6本変えたところでと仰るあなた

是非BuellLeoでこのローターボルトを体感してみてください。

ボルトに出来る事、ボルトにしか出来ない事

きっとボルトの存在感を感じていただけるでしょう。


素材   Ti-6Al-4V鍛造使用
サイズ  5/16-18山
適合車種 Buell XBシリーズ全車(XBRR含む)


なお、関東の方はHD成田さんにも試乗車がありますのでどうぞ。

にほんブログ村 バイクブログへランキング参加中、クリック宜しくお願いします


22 : 10 : 55 | チタン合金ボルト | page top↑
| ホーム | 次ページ

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。